カナダワーホリ留学1年半、デザイナーの僕は英語力がどれ程伸びたのか

   

Sponsored Link

       

新井リオです。

今日は、英語の話を。

この前実際に英語を話した動画をアップしたら、かなり反響がありました。

英語を真面目に勉強し始めてからは3年ほどです。その前までは本当に話せなかったです。

今日は、かなりしっかりと自分の英語力を自己分析してみるので、これから英語学習を始める方の参考になれば、と思います。

 

“英語力自己分析スコア”

 

ネイティブが100点だとした時の、僕の “英語力自己分析スコア履歴” を書いてみました。

 

18~19歳のとき(2013年)

  • 英語に興味すらない

→20点

分析:

まだ英語に興味すらなく、受験で培った英語力のみでした。別に得意教科というわけでもなかったので、大学入学時に受けたTOEICは440点くらいだったと思います。

大学1年生の夏休みに初めてアメリカからの来日バンドと共演し、なんとなく海外へ憧れを抱くようになります。(このときのエピソードが、DMM英会話公式ページで連載記事になっています。)

 

 

19~20歳のとき(2014年)

  • 海外に興味を持ってバックパッカーを始める

→30点

分析:

前年のアメリカのバンドの影響もあり、「海外志向」が生まれ始めます。“行動が早い” のだけが取り柄で、早速2014年の3月(大学の春休み)に、1ヶ月のフィリピン留学に行きます。

また、7月(夏休み)には、アメリカへ、初の1人バックパッカー旅へ。

この頃とくべつ英語は勉強していませんでしたが、こういった実践で、簡単な英会話には少しずつ慣れていきました。でも、ネイティブが会話で頻繁に使う「actually」「kind of」の意味も全くわからないくらいのレベルでした。

(なんと、ちょうどこのときに書いたブログを発掘!当時のリアルな心境が読めます。)

 

20~21歳のとき(2015年)

  • 日本でDMM英会話をスタート

50

分析:

すっかり1人で海外に行くのにはまってしまった僕は、2015年2月の丸々1ヶ月、ヨーロッパ5カ国1人旅へ行きます。イギリスでの入国審査にひっかかっておばちゃんにめちゃ怒られたり、フランスで財布を盗まれたり、正直、大変な思い出の方が多かったのがこの旅。

 

帰国後、2015年3月に、ついにDMM英会話をスタート。理由は、3ヶ月後の6月にバンドでカナダツアーが決まっていたから。

(そのときの詳しい記録や、当時のライブ映像はこちらの記事に書きました。)

 

これで英語勉強に火がつき、めちゃくちゃ勉強します。

本当に真面目に英語勉強を始めたのは、このあたりから。なんか、振り返ってみると最近ですね。

DMM英会話は確実に僕の英語力を上げてくれて、日本にいながら1年間続けたら、ネイティブの友達に「海外で生活したことがないのは信じられない」と言ってもらえるくらい、とりあえずシンプルな英会話はできるようになりました。

 

DMM英会話

レッスン風景

 

 

21~22歳(2016年)

  • 英語の “使い方” のコツを得る

65

分析:

カナダ生活スタート。日本蓄積した英語力を信じ、語学学校には通わず、DMM英会話をとにかく続けました。(1日3レッスンに増やした)

加えてカナダ人の友人と頻繁に遊び、この年の後半からは現地でデザインの仕事を通してリアルな英語に触れるようになります。

 

ぜんっぜんわからない英語は出てきますが、(英語を “話す” のではなくて)「自分のデザインというスキルを助長させる/サポートする」イメージで英語を “使う” ことで、「実践的な英語とはこういうことか」と思うようになります。

「完璧に話せなくてもいいや」とふっきれたことで、逆にコミュニケーション力が上がったのがこの頃。

 

22~23歳(現在)

  • カナダで生活しつつ、DMM英会話を続ける

→70点

分析:

カナダ生活も、もうすぐ1年半。かなり慣れました。正直な英語レベルを話すと、まだまだわからない単語に出会いまくるし、会話をしていて「速くて聞き取れない」瞬間もたくさんあります。映画も、ジャンルによりますが、まず英音声だけでは厳しく、まだまだ英字幕も絶対に必要なレベル。(それでも100%の理解には程遠い!)

 

でも、実生活での1対1の会話ならかなりスムーズにできるようになりました。「聞き返してゆっくり言い直してもらったらだいたいわかる」という精神的な心の安心というか、海外に来た当初のような「わからないことがこわい」みたいな感情はなくなりました

これが、かなり大きいかな~。

 

純粋な英語レベルももちろん大事なんだけど、

「外国人相手に英語を話すメンタル」の方が、意外と大事だったりして。

それに気づけたし、実際にそのメンタルが養われました。

 

 

考察

90~95点が、通訳・翻訳を職にする人のイメージ。

個人的に、20代のうちに80~85点くらいいけば、「英語力」に関して、僕はもう満足すると思います。

 

僕、前提として、「ネイティブみたいになるのは無理だ」と思っているんですよね。

「ただ完璧な英語を話す」ことにはそこまで魅力を感じず。

「そこそこの英語力をどう実践的に使うか」

にとにかくフォーカスしています。

 

だから僕は今、カナダでデザイナー/ミュージシャンをやっているかなあ。

 

これは自分に対するチャレンジなのです。

 

この1年でやった、海外での仕事↓

 

ほんと、完璧ではないですよ!僕の英語は。

でも、これら全て、やりとりは英語です。メールも会話も。

 

歴が浅くても、英語力がまだまだでも、こういった活動ができている理由は、

「自分の話せる英語のレベルを理解して、その中で最善を尽くしているから」だと思っています。

 

英語は結局言語であり何かを表現するツールなので、そのレベルに合った「できること」がそれぞれある、というイメージ。

僕は、僕自身が使わないであろう単語・表現・例文をまず覚えるのはやめて、自分にとって効率的で実用的な英語だけを身につけることに尽力しました。

 

で、これからもっと英語がうまく話せるようになれば、そのレベルに見合った仕事やあらたなチャレンジが付いてくると思っています。

 

うん、だから今日も勉強します。

 

では~

 

 ぼくの英語勉強法

独学3年間の努力と道のり。日本で英語が話せるようになった僕の勉強法

 

10月に帰国イベントします

【帰国!】10月の日本帰国イベント会場 & 先行チケットのこと

 

Sponsored Link



 

■僕が英語を話せるようになるまでの動画です↓

ブログの感想

ブログの感想は、Twitterで引用ツイートしていただけると嬉しいです。ご返信をさせて頂きます。

個人的に送りたい方はLINE@でメッセージを下さい!1つ1つ、ご返信させていただきます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA