0712 今日からカナダに行くことにした(🇨🇦出発)

   

Sponsored Link

       

 

今日からカナダに行くことにした

というかもう、来ている
昨日決めて、チケット取ってそのまま来た

目的は“本を書き直す”ため。1年半かけて書き上げた本を、一から書き直すことに決めた。

“書き直しの理由”については、かなり個人的な悩みっぽい話や、本の売り方の話も絡んでしまったので、こっちに書いた。→https://people.suzuri.jp/@arairio

500円かかるので申し訳ないのだけど、読みたい人に、読んでほしい。これだけ読んで、すぐ解約してもいい。そのくらいのことは書いた

 

 

そういうわけで、昨日出版社へ行き、“書き直したい理由”を全てを伝えた。1年半かけて書いてきた本を出版直前で書き直す。迷惑をかけてしまう。ただ、自分も突飛なことがしたいわけではなく、この書き直しが、もはやこの本にとっての”必然”だと思い、自分が全ての責任を取る形で提案した

 

改めて左右社は本当にいい出版社で、本当に感謝しかない。悩みながらもすごく理解してくれ、最終的に承諾してくださった。リミットは約1ヶ月。今まで1年半かけて書いてきた本を、1ヶ月で全て書き直す

 

おそらく、このまま東京の作業場で行なっている普段のルーティーンに、「ちょっと作業時間を増やして組み込む」程度の気概では終わらない。この1ヶ月は、言ってしまえば“修行”のような期間にしなければならない。書き終わるまでは、本のことしか考えない人間になる

 

この本は、自伝ではないが、ビジネス書でもない。「ストーリーのある情報本」みたいな感じか。基本的には、独学英語学習法と、海外でフリーランスとして働いた自分の経験を、わかりやすくアイデアにまとめて書いたものなのだけど、まあ詳しいことは全て500円の記事に書いた。

とにかく、”エネルギーのある本”になる。自分は今から、自分の書き出す文章に”エネルギー”を詰め込む。魅力的な本とは、エネルギーのある本だとおもうから

 

それなら、カナダに行こうと思った。

日本でも書ける、物理的には。ただ、”環境”が、作品の内容と、そこに乗る”エネルギー量”を変えるということが、確実に起こる。その作品にとってベストな“環境”と、それを可能にする“生活”を自力で叶えるところまでが、表現者の使命だと思う。だから普通の生活も捨てている。覚悟はある

 

 

なぜモントリオールか。

自分の今ある全てのキャリアは、カナダのモントリオールで始まった。モントリオールの会社とのフリーランス契約をきっかけに、デザイナーとして生計が立つようになった

モントリオールに住んでいた時に一人始めた英語学習法のブログが、「英語 独学」のGoogle検索で1位になり、本当に多くの方に知ってもらうきっかけになった

 

あの時、藁をも掴む思いで通いつめたモントリオールのカフェを見ると、本当に泣きそうになる。英語ブログもデザインも、誰にも保証されていない道だった。自分だけが、自分のことを信じていた

 

今、2年前のこの感覚にとても似ている。何かが始まる直前の空気。この「書き直し」が成功するかは誰にも保証されていないけど、自分だけが、もうこれしかないと信じている

 

だから、もう一度モントリオールに行こうと思った。今の自分がモントリオールで書く文章は、このまま東京の生活の延長で書く文章とは確実に変わってくる。それをしたい。昨日の夜にチケットを取って、もう着いた。この文章はカナダのモントリオールから書いている。月末に帰る

 

本当に書き上げてくる。最高の本にする

 

さいごに、

本を「書き直す理由」を書いた記事も、良かったら読んでほしい。このサイトは何かというと、アーティストに月500円支援をすることで、特典として限定記事が読める「クリエイター支援サービス」です。応援してくださる方、よかったらここで応援してほしいです。感謝します。

 

 

 

 

 

 

 

Jul. 12, 2019

Now I think I could just die on the condition that I finish writing the best version of my book with the best publishing company.

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の日付入りグッズ

 

毎日グッズを作っています。誕生日プレゼントに是非。各1点ずつになります。

 

 

僕の英語勉強法

 

「英語 独学」Google検索で約2年ほど、1位を獲得しました。

 

 

英語”継続”コミュニティ

 

勉強の“継続”に特化した、月1080円のオンラインコミュニティです。
新井リオ&カナダ人講師Vaughnと、ぜひ一緒に勉強しましょう

 

 

 

Sponsored Link



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 支援者 より:

    CAMPFIREの支援者には無料で「書き直した理由」を教えてもらえるとありがたいです…

    1. arairio より:

      CAMPFIREの支援者の皆様へ、もちろんお送りします。先ほどSUZURIに勢いのまま書いた文章とは別の、お詫びを含めた事情説明の文章をお送りするつもりでした。遅くなってしまい本当に申し訳なく思っています。コメントでご意見を知らせていただき、誠にありがとうございます。しかと受け止めます。新井リオ

コメントを残す


CAPTCHA