0714 イタさがないと、上には行けない(🇨🇦執筆1日目)

   

Sponsored Link

       

 

執筆1日目。

モントリオールのカフェで書き始める。

 

cafe OSMOというところ。かなりスタイリッシュなカフェで、モントリオールに住んでいた時よく行っていた。ノスタルジー感じながらまた来た。

 

カナダ、すでに「来てよかった」と心から思う。直前できたからチケットも破壊的に高かったけど、勢いで来たことへの後悔は本当にない。

 

海外生活の何がいいかっていうと、まあたくさんあるのだけど、一番は【圧倒的自分の人生感】を感じることかなと思う。

 

たとえば、

・周りの人の話す言語が、日本語じゃない
・物理的に日本人がいない

こんな環境だから、なんだろう、カナダに来たんだけど、完全に溶け込めるわけでもなくて、言うなれば「カナダの中にさらに【自分ワールド】ができて、そこに一人で生きている感じ」がする。

 

これの何がいいかというと、「自分の人生に集中できる」のだ。とにかくノイズがなく、毎日自分のことだけやっている感じがする。自分みたいな分際が言うのもあれだけど、村上春樹が一時期、長編小説執筆の度にイタリアやらギリシャやら色々な国に行って書いていたのが、すごくわかる。

 

インスピレーション、みたいなのももちろんあるのだけど、「今、おれは自分で自分の人生歩んでいるな」と思いながら作る作品は、エネルギーの乗り方が変わると思う。これが大事かな。

 

改めて言うのもすごく恥ずかしいけど、やっぱ自分の人生の主人公は”自分”でいいんだと思う。少なくとも夢があるうちは、常に自分を一番かっこいい存在にしておく努力は大事だ。

 

自己肯定感上げてこう。

 

ノンスタイルの石田さんが、「イタさがないと、上には行けない」といっていた。

 

 

 

 

 

 

Jul. 14, 2019

We tend to forget this fact, but we are supposed to be able to live our life the way we would like. I always want to be true to myself.

 

 
P.S.

カナダ執筆中の応援は、よかったらこちらからお願いします。本当に助かります。ありがとうございます。

 

SUZURIpeople
(月額500円のクリエイター支援サービス)

 

polca

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の日付入りグッズ

 

毎日グッズを作っています。誕生日プレゼントに是非。各1点ずつになります。

 

 

僕の英語勉強法

 

「英語 独学」Google検索で約2年ほど、1位を獲得しました。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA