0721 最近のSNSのこと(🇨🇦執筆8日目)

   

Sponsored Link

       

 

SNSがすごいことになっている、率直にすごく辛い

 

自分はSNS大好きだった。

10代、家庭も生活もうまくいかず、大人がみんなこわいみたいな時期にSNSに出会い、SNSに憧れSNSに生き、SNSで仕事を依頼してくださる方のおかげで生活ができるようになり、SNS経由で応援してくださる本当に素敵な方たちに出会い、助けられ、まさに心の拠り所を求め、たどり着いた場所が、自分にとってのSNSだった。これだ!と衝撃的に嬉しかった

 

のだけど、最近は、拠り所といえるのかな

 

なんだろう、取り締まりが厳しくなって治安が良くなっていると言えるのかもしれないし、それは良い面なのだけど、【みんなが違うことを認め合える環境】に一番の魅力を感じていたから、

 

現状の、何か言えば批判、発信者に悪意がなくても気に食わなければ噛み付く、みたいな雰囲気はクールじゃない。意見があるのはめちゃくちゃ大事だけど、その意見は、「そんな汚い言葉にして投げつけなくても伝わる」んだよ

 

単純に、「私は私の美学に従ってこれを信じます」といえば、疎通するもの同士が結びつき、合わないものが離れていくんだから、それでいいんじゃないかなと思ってしまう。あと、誠意もって謝ってるならもう許してあげよう。そんな陥れなくてもさ。

で、もっと自分のことを、やろう、みんなが。

 

綺麗に生きることに集中したい。この雰囲気が続くなら、やはりSNSを少しずつ離れていこうとおもう

 

インターネット自体は好きだし、インターネットを通してこそ救える人がこれからもまだ無限にいると信じているから、自分自身のメディアであるブログとか、要所要所で作品を発表する場としては、使いたい

 

なんだろう、届くべき人にだけ、心臓に突き刺さるように響いて、特に届かなかった人にはただ無視してほしい

作品を発表する以上批判は受け入れる覚悟はある。けど、正当な批判をして欲しい、鬱憤晴らしのサンドバッグではない、みんな人間なの。

 

これは諦めではなく決意の日記です、おれらはもう、いよいよ自分の道を進むしかない、

 

こんな時こそ【表現】の力だと思うんだ。みんな辛くなったら「音楽」聞くでしょう。元気もらうために「本」を読むでしょう。

そういうことだと思うんだよね、

 

自分にできる社会貢献とはなにか。

たとえばこんな日記をここまで読んでくれるような人のことを、「文章」「音楽」「デザイン」を使って救うところから始めたい。まずは。

 

 

 

 

 

Jul. 21, 2019

I’d like social media to become more of a tool to be there for each other rather than to hate on each other. I feel everyone is there for each other today. 

 

 

 

 

 

 

 

P.S.

カナダ執筆中の応援は、よかったらこちらからお願いします。本当に助かります。ありがとうございます。

 

SUZURIpeople
(月額500円のクリエイター支援サービス)

 

 

 

 

 

本日の日付入りグッズ

 

毎日グッズを作っています。誕生日プレゼントに是非。各1点ずつになります。

 

 

 

 

 

僕の英語勉強法

 

「英語 独学」Google検索で約2年ほど、1位を獲得しました。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA