0723 お金持ちの経営者 vs 又吉さん(🇨🇦執筆10日目)

   

Sponsored Link

       

 

執筆10日目

カナダに来てからどういうスケジュールで生活しているかというと、
朝6時に起き、7時に家出て、そこから夜23時くらいまでカフェを4つくらい転々としながら執筆とデザインの仕事をし、帰宅して光速のシャワーを浴び24時に寝る

 

 

自分でもこわいくらい調子がいい。
全盛期の岡村隆史くらいキレがある。

これが”好きな街に暮らす力”かと思い知る。自分が新宿のカフェで仕事が捗らない理由が逆説的に浮き彫りになる

 

今は特に「本を書き上げる」という明確すぎる目標があるので努力がしやすい。そうか明確すぎる目標がある時、僕たちは努力ができるのだと知る

そもそも好きなこと・自分のやりたいことしかしていないのだからこのくらいやらないと正直今は生計が立たないし、そのくらいの覚悟がないと生き残れない道だとおもっている

 

働き方改革が謳われる中でこういうこと言うと、牧野さんに「新井くんは生まれた時代を間違えている、昭和を感じる」と言われる

 

本は確実に面白くなっている。

1年半かけて書いてきた本を、1ヶ月で書き直す。無謀と思える書き直しだったが、着実によくなっている。これが売れなかったらおかしいのではないかと思ってしまう。世が。とてもごうまんですね。でも本当、こんなに頑張って報われないことがあるのだとしたらなんのために生きているのだろうか

ツイッターでお金持ちの経営者が「お金があって暇というのは一番辛くて…なんたら」と言っていた。こんなに格好悪い言葉は久しぶりに聞いた

 

又吉さんが、「大人が死に物狂いになって血だらけで作った作品にしか銭を払う気がしない」と言っていた。この人だと思った

 

 

 

 

Jul. 23, 2019

I absolutely adore high-energy individuals. Not even necessarily over-the-top. Just those people who are constantly adding to your life and creating positive change within yourself and your environment.

 

 
P.S.

カナダ執筆中の応援は、よかったらこちらからお願いします。本当に助かります。ありがとうございます。

 

SUZURIpeople
(月額500円のクリエイター支援サービス)

 

 

 

 

 

本日の日付入りグッズ

 

毎日グッズを作っています。誕生日プレゼントに是非。各1点ずつになります。

 

 

 

 

 

僕の英語勉強法

 

「英語 独学」Google検索で約2年ほど、1位を獲得しました。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA