0729 青木さんと僕が泣いた日

   

Sponsored Link

       

 

 

19歳の頃から通っているボイトレのレッスンへ。

歌の技術もそうだが、ほとんど青木先生に会いに行っている。本当にピュアで素敵な人だ。この前のワンマンライブも観に来てくれた

 

青木さんがレッスン中にこんなことを言ってくれた。

「実は先週、仕事も家庭も全てうまくいかず、あ、これはもう越えられないかもしれないと思う夜があった。寝れずに部屋を迂回していると、この前PENs+のワンマンで買ったCDについてきた、リオくんの書いた小説を見つけ、まだ読んでいなかったのでふと読んでみた。あれは実話なんだよね? 体が疼くほど感動した。読み終わると号泣していた。それがきっかけで体が軽くなり、自然と眠ることができた。あの夜を越えることができたのはリオくんのおかげだ」

 

これを話しながら、青木さんはまた泣いた。

10歳以上年上のお兄さんだが、僕はハグをした。僕も泣いた。

 

 

 

今までネットには公開していなかったけど、今、公開してしまおうと思う。読みにくいかもしれないがよかったら読んでほしい。実物が欲しいと思ったら是非買って欲しい。みなさんに任せる

 

青木さんが「夜を乗り越える」という表現を使ったのはたまたまだと思うけど、僕は又吉さんの「夜を乗り越える」という本が大好きだから一人で嬉しくなった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓

https://www.pens-jp.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jul. 29, 2019

We can all live with sadness providing it’s punctuated with moments of joy.

 

 

 

 

 

 

本日の日付入りグッズ

 

毎日グッズを作っています。誕生日プレゼントに是非。各1点ずつになります。

 

 

 

 

僕の英語勉強法

 

「英語 独学」Google検索で約2年ほど、1位を獲得しました。

 

 

 

 

 

英語”継続”コミュニティ

 

勉強の“継続”に特化した、月1080円のオンラインコミュニティです。
新井リオ&カナダ人講師Vaughnと、ぜひ一緒に勉強しましょう

 

 

 

 

Sponsored Link



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA