0902 魔法の呪文”しょうがない”

   

Sponsored Link

       

 

英語日記の更新が10日くらい溜まってしまった

年に1度くらいこういう時がある、

呑気に日記書いている場合じゃない重大な何かが日常生活で起こる瞬間が1年に一回くらい起こるから、そういうときルーティーンをしっかり怠る

 

これですごく落ち込んだこともある。ああ、自分でやるってきめたじゃんか、おれは自分の約束さえ守れないのか。ダメダメちゃんじゃないか

 

でも、最近は思う、”しょうがない”じゃんって。もちろん英語もデザインも毎日練習することが大事。夢を叶えるために絶対に必要な過程。でもさ、英語以前に、デザイン以前に、おれらは人間だから。悲しんだり楽しくなったり一喜一憂する命の宿った人間だから、そんなAIみたいに全てうまくはできないのよ

 

やろうと決めていたことができなかった期間には、何か理由があるはず。他の違うことで忙しくて、できなかったんだとおもう。で、その「違うこと」が、人生を充実させるために必要なものだったのであれば、それもそれでいいんだよね

 

もちろん「ただサボってました」みたいなこともあるけど、サボり、というか全然関係ないことやってた(むしろ何もやってなかった)期間も、何かを健全に継続させて成功させるためには意外と必要な存在だから、それも本当に無意味じゃないとおもう

 

村上春樹が初めて本を出したのは30歳。又吉さんが芥川賞を取ったのは35歳。20半ばでやれっていってもできなかったことだと思う。村上春樹は20代をバーの経営に費やして、又吉さんは10年くらい芸人として売れない期間があって。でもそういう期間が、その後に全く違うフィールドで生み出す作品の深みを創り出してくれるんだと思う

 

中学生の弟に「人生とは…」と説かれてもグッとこないけど、なんども会社経営して何度も失敗してたまに成功してまた失敗してきた父親に「人生とは…」って言われたら「一回聞いてみるか」ってなる

 

物事が思い通りにいかないことなんて正直人生のデフォルトだから、魔法の呪文”しょうがない”でその十字架振りほどいて、今日からまた頑張れば全部チャラだよね

 

今年いっぱいで終わる人生ではない。目に見える成功なんて5年に一回くらいできれば万々歳で、あとは日々の積み重ねを一喜一憂しながらできるだけ楽しむしかない。「普通の生活」ってすごく素敵なんだ。だから今日も”普通に”勉強するのだ

 

日記更新の怠りを正当防衛したところで、9月になりましたしまた地道に更新していきます。ただ、今は誕生日グッズとして英語日記を毎日楽しみにしてくれている人がいて、更新できなかった10日間分くらいのグッズ、前に更新したのと同じイラストになっちゃったけど、作ったので、期待してくださっていた方、ぜひ買ってください。当日にできなくてごめんなさい、思いはちゃんと込めました

 

あと、

本、一旦全て書き終わりました。

本書いていて、日記更新できなかったのです。

 

まだまだ修正とかデザインとか工程が山ほどあるから即出版とかの話ではないんだけど、ひとまず最大の壁であった全原稿の提出が終わって、ちょっと清々しい

 

読んでくれた人の人生本当に変わると思う

 

作品は実際に触れた人に判断してもらうモノだから、自分の作品をこれ良いんだよというのも普段はしないようにするけど、こればかりは、思い入れが強すぎるのと、内容があまりにも良いと思えるから、言ってしまうのだけど、本当に面白いです

 

青春だ

 

 

 

 

I value the power of forgetting because we sometimes need to forget the failures that we couldn’t help having. Look forward.

 

 

 

 

英語日記グッズ

 

毎日グッズを作っています。誕生日プレゼントに是非。各1点ずつになります。

 

 

僕の英語勉強法

 

「英語 独学」Google検索で約2年ほど、1位を獲得しました。

 

 

英語”継続”コミュニティ

 

勉強の“継続”に特化した、月1080円のオンラインコミュニティです。

 

 

 

Sponsored Link



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA