0903 合法的やばいこと

   

Sponsored Link

       

 

日記更新できていなかった8月後半もいろいろあった

 

例えば、かなり久しぶりにも関わらず2連続でソロライブがあり、焦った

この頃が本執筆のピークで、ご飯は基本ウーバーイーツ、寝てるんだか寝てないんだかわからないような質の悪い睡眠、会費だけ払って全く行けなくなったジム、人との予定をかたっぱしからリスケしてもらう最悪の人間、に成り下がっていたのだけど、ライブはそうはいかない

 

ライブに行くって結構な一大イベントだと思う

数週間前から予定を確保して、当日になったら電車乗り継いで会場に行き、それだけでも手間なのにさらに受付でお金まで払わせて、合法的にやばいことやっちゃってるんじゃないかみたいな気持ちに、たまになる

 

全力尽くしたのに結果的に不甲斐なかった日みたいなのもあって、それはまあ仕方ない、次に生かさねばいけないのだけど、少なくともやる前のモチベーションとしては、「来てくれた人の人生が今日を境にかわってしまうような濃度の高い何か」を提供するのがエンターテイメントとしての役割だと思う

だから本当のエンターテイナーなら、あってもなくてもよかったライブやイベントなんてやってはいけない

 

みたいな思想強めで生きているので、今回の2つのライブも、それぞれ違う魅力が出るような演出を努めたいと思った

 

 


8/23下北沢ERAでは、新曲を用意したり、音楽を全力でやりつつも、アットホームな日だったから「英語学習」のトークみたいなのも挟んだ

終演後に「今日、音楽ライブ見に来たはずなのに、英語の話ですごくグッときました。海外行きたいんです。CD買っていきます!」みたいな人がいて、このCDに英語力増強の効果ないですけど大丈夫ですかみたいなこと確認しつつ、すごく生き生きとした顔で幸せそうに帰ってくれたので、こちらが幸せになった

 

ミュージシャン界隈からしたら自分がやってることは飛び道具みたいな感じかもしれないけど、「持ち時間30分で、見てくれた人を圧倒的に楽しませる」というエンターテインメントの本質的な意味で言えば、一人くらいこういう雑種みたいな人間がいてもいいんじゃなかなと個人的には思ったりする。こっちは合法的にやばいことをしているのだから

 

“音楽だけ”で人に影響を与えようとする活動は、15歳~21歳までの6年間くらいやっていて、言ってしまえば、そこで自分の限界みたいなのが見えた。ここには、本当に、自分よりも魅力的で、凄まじい才能を持った人がたくさんいて、この人たちに託した方がいいんじゃないかと思った

 

でもそれは一概に”諦め”を指すわけではなく、”自分にできることで人を救い、感動させ、楽しませること”が本来の目的なら、色んなアプローチがあるよなと気づいた。それで、デザインとか英語とかも”曲作り”のように楽しみながら作って人に発表するようになった

 

そうしたら、今、多分フォロワーの7割くらいがバンド以外で知ってくれた人になって、でも、そんな人たちが”この人音楽もやってるのか”と聴いてくれ、ライブにも来てくれて、結果的に全てを楽しんでくれて、今起こっている事実を改めて振り返ると本当に涙出そうになるくらい嬉しいし感謝しなければいけないよなとずっと思っていて、

 

というハイライトなのだけど、

もうひとつのライブのことを書くスペースないくらい文字書いてしまったから続きは明日書く

 

 

 

I did two gigs at the end of August. Musicians usually play music when they’re live shows, but I believe that they can try various approaches as long as it impresses their audience.

 

 

 

英語日記グッズ

 

毎日グッズを作っています。誕生日プレゼントに是非。各1点ずつになります。

 

 

僕の英語勉強法

 

「英語 独学」Google検索で約2年ほど、1位を獲得しました。

 

 

英語”継続”コミュニティ

 

勉強の“継続”に特化した、月1080円のオンラインコミュニティです。

 

 

 

Sponsored Link



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA