0905 普通の幸せvs自分の幸せ

   

Sponsored Link

       

 

 

そもそも日記が好きなのか、この英語日記の他にも自分確認用の日記的なものをつけている

まあそれは毎日書くわけではなく、思い立った時や、月の振り返りとして書くのだけど、読み返すと面白い

 

例えば去年くらいからその月のメンタル状況を書くようにしている。落ち込んでいる月に、先月の日記を見返して”絶好調!”みたいなこと書いてあるとまじかと思ったり、絶好調の月に”今月は終わり”と書き留めてある少し前の日記を見てまじかと思ったりする

 

ちなみに先月、先々月の日記には”精神状況良好”と書いた。大好きなカナダに行き、大好きな本をたらふく読み、大好きな本を自分で書いていたからだと思う

この2ヶ月、大好きという概念に色んな視点で接することができて、これはすごく素敵なことだった

 

生活を好きなもので埋め尽くすこと、そこに至るまでには意外にも様々なものを犠牲にしなければならず、想像以上のタフさが必要になる。ここには、いい会社に入る、親に褒められる、世間体がよくなる、といった”普通の幸せ”みたいなものは正直ないのかもしれない

 

でも、普通の幸せと引き換えに”自分基準の幸せ”みたいなものを得ることができたりする。そしてそれが連続すると、これこそが自分にとっての普通で、世の普通は自分の普通ではなかった、と思える時がくる気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9/5の英語日記

 

 

To fill my life with things I love sometimes means to kick normal happiness out.

 

 

 

 

英語日記グッズ

 

毎日グッズを作っています。誕生日プレゼントに是非。各1点ずつになります。

 

 

僕の英語勉強法

 

「英語 独学」Google検索で約2年間、1位を獲得しました。

 

 

英語”継続”コミュニティ

 

勉強の“継続”に特化した、月1080円のオンラインコミュニティです。

 

 

 

Sponsored Link



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA