0906 サッカー観戦、「分人」の概念。

   

Sponsored Link

       

 

今でもサッカーが好きだ

昨日の夜はサッカー日本代表vsパラグアイ戦があった。家にテレビがないため慣れないスポーツバーに行くと、スーツを着た明らかに人の良さそうな3人組に出会った

 

着席すると早速話しかけてくれた。話してたらいつの間に得点が決まっていたり、お互いに頼んだおつまみをシェアするくらい仲良くなった

 

初対面の人と会った時、どの程度自分をさらけ出せばいいか、いまだに結構悩んでしまう。相槌だけで終わり物静かな子と言われたときもあれば、その反省を生かし話すぎた故、君は底なしに明るいねと言われたこともある

 

 

この前読んだ本に、「分人」という概念について書いてあった

曰く、圧倒的な個としての自分は存在せず、他人との相互作用で生じる複数の「分人」の集合体が本当の自分なのではないか、という考え方だ

 

例えば恋人といるのが心地よいのは、恋人が好きなのはもちろん、「恋人といるときの自分=分人」が好きになれるからだ、と。

 

この概念でいうと、初対面の人とぎこちなく接してしまう自分も、「これは本当のおれじゃない!」ってわけでもなく、初対面の人との間に生まれる「分人」としては、まあ自分の一部であり、それも認めちゃえばどうか、ということだと思う

 

本を読み新たな概念を知ると、生きやすくなることがある。これはとてもいいことだよね

 

だからこそ、昔は「人見知りなんです」で逃げてきたこういう場面も、自己理解によってもうちょっとうまい感じにできるんじゃないかと思いつつある。

先は長い

 

 

P.S
この日出会った3人とはすごく仲良くなり、今週もう一度サッカーを見に行くことになった。本当に素敵な人たちだった。分人も喜んでいる

 

 

 

 

 

 

9/6の英語日記

 

I used to be more introverted, but I noticed that it was kind of an excuse to be lazy. So I’ve been trying to be more extroverted lately.

 

 

 

 

英語日記グッズ

 

毎日グッズを作っています。誕生日プレゼントに是非。各1点ずつになります。

 

 

僕の英語勉強法

 

「英語 独学」Google検索で約2年間、1位を獲得しました。

 

 

英語”継続”コミュニティ

 

勉強の“継続”に特化した、月1080円のオンラインコミュニティです。

 

 

 

Sponsored Link



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA