“効率的” effectiveとefficientの違いは「過程」か「結果」か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

Sponsored Link

   

 

どうも、カナダ在住、グラフィックデザイナーでバンドマンの新井リオ(@_arairio)です。

今日の英語日記では『効率的』の英語表現を説明します。

結論から言うと

効率的な=『efficient』

です。

が、僕は勉強中、何度も

効果的な=『effective』

とごっちゃになってしまい、使い分けるのに苦労しました。。

今日はその違いも含めて解説していきます。

まず、僕の愛用Oxford Dictionaryでその意味を調べてみると、

『Efficient』= Doing something well and thoroughly with no waste of time, money or energy.
(時間、お金、労力を無駄にせずに物事を上手くこなすこと。)

なるほど、無駄なくやる過程のことね。

『Effective』= Producing the result that is wanted or intended; producing a successful result.
(望んでいた結果を生み出すこと。また結果として成功を収めること。)

ふむふむ。うまくいった結果のことか。

相変わらずわかりやすいです、Oxfordさん。

つまり

『efficient』= “過程” にフォーカスしている

『effective』= “結果” にフォーカスしている

ということ。

Sponsored Link



これを踏まえ、例を挙げていきます。

◾️ efficientの例

例:I’m always trying to accomplish my purpose efficiently.
(私はいつも効率的に目標を達成しようと意識している。)

例:She is an efficient worker.
(彼女は仕事の手際がいい)

どちらも、無駄なく仕事をこなすという、過程にフォーカスされていますね。

 

◾️ effectiveの例

例:Use drugs that are effective against cancer.
(ガンに効果的な薬を使う。)

例:He would like to use that place effectively.
(彼はその場所を有効活用したい。)

こちらは結果を良くする、のニュアンス。”有効活用”といった場面でも使えます。

では今日の日記です。


英語フレーズ日記 No.4

  1. 僕はフリーランスなので、毎日自分で時間を管理できる。
  2. このメリットを有効活用すれば、自分のやりたいことがなんでもできる!
  3. とはいえ時間は有限なので、効率的に仕事を終わらせるのは絶対大事だけどね。。

  1. I can manage my time everyday because I’m a freelancer.
  2. By taking advantage of this situation effectively, I can do anything and everything I wanna do.
  3. However, it’s crucial to accomplish tasks efficiently because time is limited.

 

以上、『「効率的な」は英語でなんて言う?- effectiveとefficientの違い』でした。

時間は大切に。

今日もやりたいことでいっぱい、新井リオ(@_arairio)でした。

Sponsored Link



英会話

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

CAPTCHA