英語勉強のコツについて、最初に知っておくべきことを3つ考えた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

Sponsored Link

   

カナダ在住、グラフィックデザイナーでバンドマンの新井リオ(@_arairio)です。

今日も英語が話せるようになりたいですね。

ただ、英語が話せるようにはなりたいけど、“英語学習”ってことば自体がなんか漠然としすぎている。

 

僕も最初、やる気だけはあったけど、まずなにをすればいいのか全然わからなかった。

勉強方法はもちろんだけど、「英語を話す」ということが “未知の領域” すぎて、なにがわからないかもわからない。

そこで。

まだまだ完璧ではないけど、ある程度話せて、海外で仕事ができるようになった今、

英語学習において最初に知っておくべきことを3つ考えてみたので、今日はそんなお話。

ちなみに記事の最後で、ヘコたれずに勉強を継続させるメンタル的なコツも書いてあるので、よかったら最後までお読みください。

ではまずは、その3つのコツとやらを。

 

英語学習において、最初に知っておくべきこと3つ
  1. 「具体的すぎる」目標を決める
  2. 「わかる英語」と「話せる英語」分けて考える
  3.  結局大事なのは「自信」

 

まずはこちらから説明していきます。

しょっぱなから一番大事かもしれません。

 

① 「具体的すぎる」目標を決める

この記事を読んでくれている大半の方が「英語が話せるようになりたい」と思っているはずです。

では、その理由はなぜですか?

「英語が話せるようになりたい」理由が

「とりあえず話せれば、将来仕事などで役立ちそう」

という方、多いかもしれません。

ただ、結論からいってしまうと、

その程度のぼんやりとした目的だと、英語を話せるようになることは難しいです。

 

 

僕の住むカナダのトロントという街には、多くの日本人留学生がいます。

僕はこっちで学校に通ったことはないですが、それでもLanguage Exchangeや街の図書館で日本人をよく見かけます。

 

そしてこの前、こんな言葉が耳に入ってきました。

「本当に英語の勉強続かない、でも就活あるしやんないとー…」

 

僕は、「英語を勉強したくない人」がわざわざ「英語を勉強しなくていい」と思うのです。

なぜなら、

やらなきゃいけないからやっている程度の英語力で、本当に英語が好きでやっている人を超えることはできないから。

 

ましてや「ハーフ・帰国子女」が存在する社会で、このままそんな気持ちで勉強を続けても、あなたの英語力は、“就活”に限っては、なんの武器にもならないと思います。

全日本人が英語をやるべきだとは思いません。

どうしてもやりたい人がやればいい。シンプルです。

特にやりたくない人は、今20点の英語力をいやいや40点に伸ばすより、

自然とやりたくてやっちゃうくらい大好きな他の分野のスキルを70点→90点にした方がいいと思います。

 

 

では、

これを踏まえて、なぜ自分が英語を話せるようになりたいか、その理由を具体的に考える。

 

ちなみに僕も19歳くらいの時、英語が話せるようになりたくてたまらなかったけど、

理由が「話せたらかっこよさそう」程度のあいまいなものだったので、なかなか勉強は続きませんでした。

多分、なかなか勉強が続かない人は「目標」が弱いのだと思います。

 

対して、

僕が本格的に英語を勉強し始めた20歳の頃から今に至るまで勉強ができている理由は、

「自分の好きな分野である“音楽”と“デザイン”を、海外で挑戦してみたかった」から。

もっと具体的にいうと、

「海外で現地のバンドとライブツアーがしたい!フリーランスデザイナーとして、現地の刺激的な環境で働きたい!」

これが僕の英語をはじめたきっかけであり、勉強を長続きさせてくれた理由でした。

 

もう一度言いますが、「英語が話せるようになること」自体はゴールではありません。

英語は「勉強の対象」ではなく、「自分の強みを世界で生かすことができるようになるツール」です。

 

 

「英語が話せたら将来役に立ちそう」で止まってしまうのではなく、

「英語が話せるようになった自分は、具体的に何がしたいのか」を考えてみるといいです。

パッと思い浮かばない方は、

自分の好きなこと・得意分野に英語を掛け合わせて今後の可能性を広げるというイメージで、考えてみてください。

 

『自分の好きなこと×英語』

例えば、アート・デザインが好きとだします(僕のこと。)

まずは、現実的なところから。

  • 海外のかっこいいアート・デザインを生で見たい。
    → とりあえず最低限のトラベル英語さえ話せれば、これは簡単。飛行機チケット買って、アート展に行くだけ。

次のステップ

  • 現地のアーティストと繋がりたい
    → さらに簡単にコミュニケーションが取れる英語力があれば、現地の展示を見に行くだけでなく、そのアーティストと繋がれるかもしれない。憧れの人と直接話せたら、超嬉しいですよね。

チャレンジに移す

  • 自分の作品を置いてもらいたい
    → 自分をプレゼンできる英語力があれば、その場で現地アーティストやオーナーと繋がり、自分の作品を見てもらうことができるでしょう。そして気に入ってもらえれば、展示に置いてもらえるかもしれない。

こんな可能性も

  • 海外の企業で仕事がしたい
    → 自分をプレゼンする英語力に加え、専門用語の知識+相手の要望をしっかり聞き取りレスポンスができる英語力を身につければ、海外の企業で働くことも可能です。むしろ、「日本で培ってきた価値観とスキル」は外国人にとっては逆に新鮮なので、オンリーワンの存在になることも難しくはありません。

 

いかがでしょう。

 

今はまだ叶うかわからない“夢”みたいなことで全然いいです。

妄想と言ってしまえば妄想ですが、

逆に悲観的なほど現実的すぎる未来を、誰が叶えたいのでしょう。

 

できるできないではなく、やりたいかやりたくないかの視点で考える。

そしてなんだかワクワクするような未来がみえてきたら、

それがあなたの「英語が話せるようになりたい理由」です。

 

まとめ①

1. 「具体的すぎる」目標を決める

・英語を、勉強の対象ではなく「自分の強みを世界で生かすことができるツール」と捉えて好きなことと結びつける。
・そして英語が話せたらやってみたいことを具体的に考え、自分の未来にワクワクする。

 

 

 

②「わかる英語」と「話せる英語」を分けて考える

では、もう少し実践的な話を。

 

受験の勉強では「見てわかる英語力」が問われるので多くの単語を暗記する必要があります。

リスニング力を鍛えたいのなら「聞いてわかる英語力」が必要です。

 

しかし、英語が話せるようになりたいのなら、「話せる英語」の質を高めることが大事。

 

これらの「わかる英語」と実際に自分が「話せる英語」は分けて考える。

なぜなら、英語は本当にシンプルな単語の組み合わせで実はかなり話せるから。

 

一般的に、日常生活で使われる単語は、どんな言語でも2000語と言われています。

日本の中学校卒業時までに習う英単語は1500語、高校卒業時では3000語。

今知っている単語を上手く使いこなすことさえできれば、とりあえず英語は話せます。

 

ではどんなことを意識して「話せる英語」と向き合えばいいか。

 

僕は、

「自分が日常生活で使わないであろうフレーズ」を覚えるのはやめました。

そして、

「““自分にとって”” 有用性のあるフレーズ」だけに徹底しました。

 

例えば。

教科書例文を丸暗記したとします。

「Are you familiar with contemporary literature?」
(あなたは現代文学に精通していますか。)

これ、某D単語帳の実際の例文ですが、僕は多分人生で1回もこのフレーズを使わない自信があります。

 

それよりも、

「I am familiar with Japanese Indie music.」
(僕は日本のインディーズ音楽に詳しいです。)

これで覚えた方が、

““僕にとって”” は有用性が高い

 

つまり、

オリジナル例文を勝手に作って、こっちで覚えちゃう。

で、この「すぐに言えて」「自分にとって実用的な」フレーズを、どんどん貯めていく。

 

「英語が話せる」というのは、わかりやすく言うと

 

「すぐに口から出てくる実用的なフレーズが人より多い」

 

ということです。

 

こう考えると、グッと勉強がしやすくなりますね。

 

まとめ②

2. 「わかる英語」と「話せる英語」を分けて考える

・自分が日常生活で使わないだろう単語や例文→いっそのこと覚えない

・その代わり、自分の口からスラっと出てくるシンプルな英語フレーズをどんどん増やす

 

 

③ 結局大事なのは「自信」

 

英語を話す際、

「発音がどう」「文章の正確性がどう」

など色々と言われますが、

 

本当に大事なのは

  • Confidence(自信)
  • Contents(内容)

の2つ。

 

LINE上級執行役員で、Twitterでも有名な田端信太郎氏のこちらのスピーチ。

2015年の11月初旬にアイルランドはダブリンで行われた、ネット業界最大級のカンファレンスである“WEB SUMMIT 2015”にて、「マーケティングプラットフォームとしてのLINE」と言うテーマで、英語でプレゼンをしたときのもの。

こちら、入場料はなんと約$1000とのこと。

観客は、

「発音の良いスピーチ」を聴きにきたのでしょうか。

いえ、

「$1000払う価値のある内容のスピーチ」を聴きにきています。

 

田端氏の話している内容はもちろん素晴らしいし、なにより目的が明確。

自分のスピーチのために必要なボキャブラリーを身につけ、堂々と話す。

これはこのように大勢の人の前でスピーチをする人にとっては、非常に大事なスキル。

 

先に述べた2つ、

① 具体的な目標

があって、

②「話す英語」に特化して勉強を進めても、

それを発信する“自信”がなければ、「英語は話せない」です。

 

日本人が英語を話せない一番の理由は、

「英語を話すことに対する自信がない」ことだと思います。

ミスするのって怖いですよね。

発音を誰かに指摘されたら嫌ですよね。

 

でも、いざこういった実践の場になったとき、

  • 「文の正確性や発音を気にしてたどたどしくなってしまうスピーチ」

よりも、

  • 「多少ミスがあっても話者のConfidence(自信)がひしひしと伝わり、Contents(内容)に聴き応えのあるスピーチ」

の方が絶対的に説得力がありますよね。

 

「内容」と「自信」が伴えば、「文法の正確さ」や「発音」なんて余裕で乗り越えた、その人にしか出せない魅力が生まれます。

 

そういう意味で、

このスピーチは、英語力うんぬんの前にスピーチとしてかなりレベルが高いと思います。

ちなみに田端氏の英語の考え方・勉強法についてはこちらのnoteで読めます。
(僕は買いました。)

 

 

結局のところ、どれだけ練習しても「英語の上手さ」だけでみたらネイティブスピーカーには勝てません。

しかし、

話す「内容」に価値があり、話者の熱意と「自信」が伝われば、そこには感動を生むパワーが生まれ、オリジナルになることができる。

 

だから、あまりミスとか気にしすぎず。

だって、

ミスゼロで話すことなんてできないんだから!

それより、

「この人、面白いな」って思わせる方が大事。

 

まとめ③

3. 結局大事なのは「自信」

・ネイティブと同じ土俵に立った時、勝負できるのは「英語のうまさ」ではなく話す「内容」の部分。そしてその説得力を増すには「自信」が必要。

 

 

まとめ

以上になります。ちょっと、おさらいしますね。

 

英語学習において、最初に知っておくべきこと3つ
  1. 「具体的すぎる」目標を決める
  2. 「わかる英語」と「話せる英語」分けて考える
  3.  結局大事なのは「自信」

これら、言い方こそ変えていますが、

結局全ては、

「周りは気にせず、“自分の” 理想に向かって全力で努力する」

ということにまとめられます。

 

具体的すぎる “自分の” 目標を決め、

“自分にとって” 有用性のある「話せる英語」を増やしていき、

“自分に” 自信を持ち、英語を実際に話す。

 

 

たしかに、「英語を話している自分」に自信を持つのはなかなか難しい。

まだ完璧ではない状態の英語を話して、誰かに批判されるかもしれない。

 

でも、

「本当に努力して英語が話せるようになった人は、絶対に他人の英語をけなしたりしません」

それは、「努力の価値・尊さ」を理解しているから。

 

普通に考えて、「異国語を習得しよう」なんて、そう簡単なものではありません。

意気込んでそれに向かう姿勢だけでも評価に値すると思いますし、

拙いながらも実際に英語でコミュニケーションが取れるようになり、その人自身の目標が達成できたのなら、これほど素晴らしいことはありません。

 

ここに、「発音が甘い」とか「文法をミスしている」とか、揚げ足をとるような人は、「他人を批判して下げることによって、自分自身が思うように英語が話せない現状を肯定しようとしている」だけにすぎない。

 

そんなことしている暇があったら死ぬ思いで本気で練習しろ、と思います。

 

 

目標に向かって全力で走る姿勢ほど、尊いものはない。

 

 

他人と比べてたら、一生、満足いくことはないのです。

 

 

「自分で定めた目標を、自分の努力によって越えていく」

この繰り返し。

 

誰かが勝手に決めた「英語がペラペラ」の基準のために勉強しなくていいのです。

 

「英語を使って海外で好きなことができたら、ワクワクする」

 

自分の純粋なその気持ちだけがゴール。

 

自分の「ワクワク」のために、英語を勉強しましょう。

 

自信を持って。

 

みなさんの英語学習、はたまた人生が、この意識によって豊かになっていくことを願っています。

 

 

この記事を書いた人

新井リオ (@_arairio)

カナダ在住のグラフィックデザイナー / バンドマン / ライター

デザイングッズブランドPENs+ SHOPを運営。

バンドPENs+ではVo/Gtを担当。
2015年にカナダ、2017年にアメリカの計6都市でライブツアーを敢行。

 

僕の1番オススメの英語勉強法

僕は20歳の頃に「英語が話せるようになりたい」と思い、オンライン英会話を1年間、真剣に続けました。僕もまだまだ勉強中ではありますが、海外生活ができる最低限の英語を、日本にいながら身につけることができた、本当にオススメの勉強法です。

DMM英会話2回無料レッスン

 

英会話

 

Sponsored Link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket