I’m good の意味。やんわり断るのにとても便利なフレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

Sponsored Link

   

【英語フレーズマガジンNo.1】

カナダから、新井リオです。

簡単な単語なのに、日本人には知られておらず、海外では頻繁に使われている英語フレーズを、雑誌の表紙風にデザインしてお届けします。

創刊号はとっても便利なこちら。『I am good』の使い方

I’m goodはやんわり断るときの便利フレーズ

例えば、お腹いっぱいなのに「これ食べる?」と聞かれたとき。「いらない」という意志を「I don’t want」「I don’t need」で表現すると、ちょっと直接的すぎますよね。

そこで、

「I’m good」(私は大丈夫です。)

ということができます。
「I’m good」は「私はすでにGoodだから大丈夫だよー」というニュアンスで、とっても自然に断ることができます。

ちなみに「I’m fine(私は平気/大丈夫です).」の方が少しフォーマルで、「I’m good」はよりカジュアル。ネイティブも、生活でめちゃくちゃ使います。

 

例文

例1:レストランにて
「Do you want to try this soup?」-「Oh, I’m good, thanks though.」
(「このスープ飲んでみる?」「おーありがとう、でも僕は大丈夫。」)

ちなみに「Thanks though」も、相手の善意を受け取りつつ断るときによく使うフレーズです。

例2:スーパーにて
「Would you like a bag?」- 「I’m good.
(「袋はいりますか?」- 「大丈夫です。」)

 

マガジン制作秘話

今回のこちらの写真は、僕の住むトロントにあるスーパーマーケットの壁紙です!オシャレすぎ。「I’m good」とはあまり関係ありませんが笑、とてもお気に入りの写真なので、創刊号の写真として使いました。

でも、少し前に潰れてしまったんですよね〜。まだ残っているので、トロントに訪れる際は行ってみてください。Bathurst Station近くの、「HONEST EDS」という、見た目が死ぬほど派手で観光名所化しているスーパーです。笑

 

ここ3年くらい英語にハマっているのですが、カナダで暮らしていて、「単語自体は難しくないのに、日本人が知らなくて、海外で頻繁に使われている言い回し」にたくさん出会います。こういうフレーズこそが海外生活で役立つのに、あんまり出回ってないなーと。 . 何か自分にできることはないかと思いまして、せっかくデザインもやっているので、便利フレーズを雑誌ぽくまとめて、アップしていきます。飽きるまで続けるので、役立てば嬉しいです。ちなみに写真もフィルムカメラで自分で撮っております!ガイコク感をお楽しみください . 第1号は「I’m good.」初めて聞いたときは、Goodとかいってるのに断ってるの、おもろ!と思いました。おなかいっぱいなのに「これ食べるー?」ってすすめられたときとか、noっていうよりも相手の善意を受け入れつつ断れるので便利。

Rio Araiさん(@_arairio)がシェアした投稿 –

僕のInstagramで「English Phrase Magazine」をまとめていますので、よかったらフォローしてください。

 

また、このブログ内の「English Phrase Magazine」解説一覧も、よかったら。

 

では!

 

この記事を書いた人

新井リオ (@_arairio)

カナダ在住のデザイナー / バンドマン / ライター

■デザイン
フリーランスとしてTOWER RECORDS、ヴィレッジヴァンガードとのコラボグッズを製作。また、自身のデザイングッズブランドPENs+ SHOPを運営し、通販をメインに、日本とカナダのアパレルストアにて販売中。

バンド
PENs+でVo/Gtを担当。これまでに、3枚のCDと1枚のレコードをリリース。2015年にカナダ、2017年にアメリカの計6都市でライブツアーを敢行。

■ライター
現在、DMM英会話ブログにて連載記事「大学生デザイナーバンドマンが海外で仕事をするまでの3年間の話」を執筆中。

 

1番オススメの英語勉強

たくさんの勉強法を試しましたが、ダントツ効果があったのがDMM英会話です。僕はスピーキングの練習に関してはDMMしかやっていません。カナダに住みながらいまだにやっています。とにかくオススメ。毎日できて、毎月5500円なので、飲み会1回減らして、DMMやった方がいいです。無料で2回レッスンが受けられます。

こちらからどうぞ↓

DMM英会話無料レッスン

英会話

 

Sponsored Link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket