「嫌いというわけではない」の英語2種類「it’s not that/I don’t mean it」

   

Sponsored Link

       

【英語フレーズマガジン No.15】

カナダから、デザイナーの新井リオです。

今日もいいネタを仕入れてきました。

みなさんは、

「~というわけじゃない/そういうつもりではなかった」

の英語表現で、何を思いつくでしょうか。

僕は、

  • It’s not that~

  • It doesn’t mean ~

の2つを使っていたのですが、この2つの違い、明確にわかりますか?

 

あれ、そういえばどうやって使い分けていたっけな~と思っていた矢先。

 

先日、とあるメルマガを解約すると、こんな表示が目に入りました。

 

 

「Goodbye are never easy.」なんてフレーズも英語っぽくていいな〜なんて思うのですが、赤丸で囲ったこちら、

「Wait! I didn’t mean it!」

(待って!そういうわけじゃなかったんだ!)

 

おお、面白い。これを押すと、「いや、解約するつもりじゃなかったんだよ」という意味になるわけですね。

 

「I didn’t mean it!(そんなつもりじゃなかった!)」は日常でもよく聞くフレーズなので、今日もカナダ人英語講師Vaughnを迎えて、「というわけではない」の英語表現について解説していきます。

いつもありがとう。ヴァンちゃん。

 

まずはこちら。

1. It’s not that「~というわけではない」

  • 特徴:Practical(現実的/実用的)

Vaughn:「You threw away your bagel, I thought you liked bagels?」

Rio It’s not that I don’t like bagels, it’s just that these ones were expired.」

ヴァン「ベーグル捨ててたよね、リオはベーグル好きだと思ってたけど…」

リオ「いや、ベーグルが嫌いというわけではなくて、ただ賞味期限が切れてたからさ。」

 

「It’s not that」「Practical:現実的」で、起きた事実に対する理由を述べるときに使います。

 

ここではベーグルが好き/嫌いという自分の感情は関係なく、ただ「賞味期限が切れていた」という事実に対して、このフレーズを使っています。

 

《Vaughnちゃんのひとこと》

「That isn’t the reason that I chose to do/or think like that, this is the real reason I chose to do/ or think like that. This sentence points out your real reason or intention for your actions. 」

(意訳:It’s not thatは、「自分の意思」によるものではなく、「実際に起きた事実」に対する理由として使われるよ。例:賞味期限がきれた←自分の意思とは関係ない

また、例文ででてきた

  • It’s not that I don’t like~ :「嫌いというわけではなくて」

はとても便利な言い回しなので覚えておくといいと思います。

 

 

2. It doesn’t mean「そういうつもりではなくて」

  • 特徴:Emotional(感情的)

Girl「 Why do you always reply to my texts so late, do you even care about me?」

Boy「Just because I reply so late, it doesn’t mean I don’t care about you. I’m always busy at work so I can’t reply right away.」

ガール「なんでいつも返信遅いの?本当に大切に思ってくれてる?」

ボーイ「いや、ただ遅れちゃっただけだよ。大切にしてないってわけではないよ仕事が忙しくてすぐには返信できないんだよ。」

 

「It doesn’t mean」はit’s not thatに比べ「Emotional:感情的」で、自分が起こした行動に対し、他に本当の理由があった場面で使われます。

日本語でいうとまさに「そういうつもりじゃなかったんだよ」に近い表現ですね。

 

《Vaughnちゃんのひとこと》

「Just because I did or behaved this way, (it doesn’t mean) that is the only reason that I did or behaved that way. This sentence points out that there are more reasons to the person’s behaviour [vague structure, follow up with more context.」

(意訳:あの時はただそうふるまっただけで、それ自体が理由ではない、という場面で使われるよ。他にもっと理由があったんだ、という感じで、漠然としているから、前後の文脈を見る必要があるね。)

 

 

まとめ

「It’s not that」「It doesn’t mean」、調べるとどちらも「というわけではない」で出てくるので、意味を理解して使い分ける際はこのように、

現実的(事実的)It’s not that ~

感情的It doesn’t mean ~

と捉えるとわかりやすい!というのが今回の記事でした。

とはいえ、この2つのどちらでも使えるという場面も多いので、あまり神経質になりすぎなくていいかなと。

 

 

English Phrase Magazine バックナンバー

おかげさまで、大好評です。

歴代「英語フレーズマガジン」と、その解説一覧はこちらから。

様々なきっかけがあって、僕はこの企画を始めました。

フレーズ、写真、デザイン、全て1人で作っております。

インスタでも毎日更新中!

Sponsored Link



 

■僕が英語を話せるようになるまでの動画です↓

ブログの感想

ブログの感想は、Twitterで引用ツイートしていただけると嬉しいです。ご返信をさせて頂きます。

個人的に送りたい方はLINE@でメッセージを下さい!1つ1つ、ご返信させていただきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA