0704 正義の逆は別の正義

   

Sponsored Link

       

 

正義の逆は別の正義、という素敵な言葉を知った日

gezanのアメリカツアードキュメンタリー映画を見てきた

 

 

基本的には、2018年にgezanがアメリカで行ったライブツアーを追った映像なのだけど、

ツアーを斡旋してくれたイベンターや、現地で出会う音楽ファンとの出会いがストーリーを色濃くしていく

 

ある日メンバーが数ヶ月前に”白人に”彼女を殺されたというネイティブアメリカンの方に出会う。

彼は「白人を許さない」といった

 

多くのアメリカ人(そこには白人が沢山いる)に助けられ、全ての白人がそうではないことを、メンバーはツアーを通して心底理解しているのだけど、「全ての白人がそうではない」と、彼に面と向かって言うことはできない

 

 

話はそんな上辺で起こっているわけではないから。何百年といまだに続く歴史的な人種差別の痛みを、本当の意味でわかることはできない

 

肌が黒いだけで顔に唾を吐かれる、みたいなことがいまだにあるという。そんな中、大切な人まで殺されて、「白人」全体が敵になるのもわかる。こちらが「ネイティブアメリカン/黒人」というだけで差別されるのと同じように。悲しいけど。

 

 

中盤、ボーカルのマヒトさんが「正義の逆は別の正義」と言った

 

本当にそうだと思った

僕たちのもやもやを翻訳してくれるような言葉を生み出せる人を純粋に尊敬する

 

普段から脳が限界を迎えるほど思考を繰り返し続けている人だけに訪れる、特権のような、宿命のような、素晴らしくもあり、過酷なアウトプットが、こういった言葉に変わるのだとおもう

正義の逆は別の正義、
押し付けずに、ただ「人は違う」ことをわかり合いたいが、片方が拒絶したら関係は終わるから難しい

どうすればいいんだろう

なんかもう概念とか言葉でどうにかなる問題じゃないから、僕たちは表現をするのかもしれない

 

 

 

 

今日の英語日記&解説

 

Jul. 4, 2019

Everyone has different moral values, different perspectives and different beliefs. It doesn’t mean those people are conflicting with yours, they just exist.

 

① perspective

perspective=観点。めちゃよく使うことば。相手の意見に一度同意した上で、「but, from my perspective…(でも、僕からすると…)」とかよくいう。「from my point of view」とほぼ同じ意味かな。

 

② 「正義」の言い方

「正義」は「justice」と思いがちだけど、「justice」ってもう少し「公正」みたいな意味合いが強い感じがして(たとえば「justice system=司法制度」)、Vaughnに確認してみたところ、

とのこと。

で、代わりに

 


「sense of morality」とか「moral values」とかが使えると教えてくれたから、moral values(直訳だと、道徳的価値観)を採用することに。

加えて、今回の「正義」には「自分が正しいとおもい、強く抱く信念」みたいな意味合いがあるから、「belief」も加えてみた。

何度も言うけど、英語はとことん”具体的”。

日本語だと、「正義」ひとことでなんとなくぜんぶカバーできるけど、

英語は、自分の言いたい言葉の「本当に意味するところまで」を言う、かな。
だから回りくどいけど今回はこの言い方で!

訳はたくさんあると思うけどこれが英語のおもしろさだとおもう。たのしいね

 

 

 

本日の日付入りグッズ

 

毎日グッズを作っています。誕生日プレゼントに是非!各1点のみです。

 

 

僕の英語勉強法

 

「英語 独学」Google検索で約2年ほど、1位を獲得しました。

 

 

一緒に勉強しませんか?

 

勉強の“継続”に特化した、月1080円のオンラインコミュニティです。
新井リオ&カナダ人講師Vaughnと、一緒に勉強しませんか?

 

 

 

Sponsored Link



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA