初オランダ〜自尊心消滅のおそれあり〜

   

Sponsored Link

       

オランダはアムステルダムに来ている。

聞くところによると世界の平均身長トップを誇るオランダという国。

もうね、みんなかっこいいし美しすぎて、油断していると、簡単に自尊心が死にます。

小柄なのっぺり顔ジャパニーズボーイのあたしに、少なくとも外見的に勝てるところが一つも見当たらない。

英語もそれなりに話せるようになったけど、オランダ人の英語力は、第2言語として英語が話せる国の中で世界1位らしく、ここでも惨敗。自尊心消滅のおそれがあります。

「自信を持つ」って本当に大事なんだね。根拠なく自分に自信を持てる人は強い。

「あ、ガイコクジンが多いな、まあ俺は俺。」こんな風に思えたらいいのだけど、というか頭ではそう理解しているはずのだけど、いざ来てみると、難しいねえ。

みんな魅力的なのです。それは外見に限らず、多くの人が、いい意味で周りに気を使いすぎずに「自分」を生きている姿勢を見たりしたときに思う。

 

昨日カフェで仕事していたら、「充電切れたから繋ぐねー, Thank you!」と、他人のパソコンに自分のiPhoneを繋ぎ始めた人がいた。すっげえよ。そのバイタリティどっからくるん。

行きたいところがあって、マップのアプリを使いたかったらしい。充電がたまった頃にまた「Thank you!」の一言だけ残してカフェから出ていきました。

いやほんとにすっげえよ。「Thank you!」でぜんぶいけると思ってるのかな。

かっこいいよね、ここまでできると。

これが僕の思う内面的なかっこよさかな。圧倒的に「自分」があるというか。

それに比べてあたしったら、充電切れたらもう「想像」に頼るよ。「想像」で目的地に行くよ。着けなかったら諦めるよ。いきなり他の人のパソコンに自分のiPhone繋ぐ「強さ」が、自分にはない。そしてそれをちょっと「ダサい」と、自分で思う。

 

海外に来るたびに、何かしら「自分とは」を考えさせられる場面に遭遇する。

そして大抵、一度、ちょっと落ち込むのです。

みんなカッケーナーっておもうし、それはつまり自分はカッケークナイナーって。

ただ、最近気づいたのは、それでもこうやって海外に行き続けているのよね、もう何年も。

これってもはや、この「落ち込み」を味わいたいんじゃないの?なんて思ったり。

たしかに嫌いじゃないんです。毎回自尊心が死にかけるんだけど、その都度、考えるんです。

自分の本当の魅力というか。素の良さってなあに?みたいなことを。そして、いい発見もあったりする。

 

例えば、自分は普段、セットアップを着て首にバンダナを巻いているのだけど、これは、20歳くらいから「かっこいいな」と思って、ただ好きでやっています。古着のGジャンにGパンとかもやったりする。

ずっとこんな調子なので後輩に「オンナウケしない服を着る人」と名付けられたことがある。

たしかにキレイ目モテファッションとは違うのだけど、自分では気に入っているしいいかなあと思ってる。

で、オランダでもいつもの服装で歩いているのだけど、これがね、めっちゃ話しかけられる!

昨日は8回くらい話しかけられた。

すれ違いざまに「I really like your style of clothing!」とかすっごい褒められる。

自尊心自尊心言ってましたが、あんまりそういうことは気にせず「ただ自分が好きでやっていた部分」が褒められたのです。

そんなとき、敬愛する又吉さんのこんな言葉を思い出す。

『個性は出そうと思って出るものじゃなくて、有り余る自分の素を調節するもの』。

例えば閉め切った自分の部屋に1人でいる時って、もう、とんでもないじゃないですか。めっちゃ変顔とかしてみるし、裏声で宇多田ヒカルを歌ってみたりするじゃないですか。

本来はこのマインドでみんなが世に出始めたら、もうとんでもない個性的ワールドが出来上がると思うんですよ。

でも、外に出たら、さすがに変顔の宇多田ヒカルはやばいじゃないですか。

どうにか調節して、そのやばさが出ないようにするじゃないですか。

それでも抑え切れずに漏れ出しちゃうやばさがあるんですよ。

それが個性なんじゃないかなと。

だから、「出しますよーおれの個性!」みたいな気持ちで出すものって、個性じゃないんですよね。「出ちゃってるよ!なんか!」こっちなんですよね。

ほぼ消え失せた自尊心の中で、ただ好きでやってた自分の服装スタイルが褒められたことはちょっとした自信になった。

というか、そもそも「自分を好きでいる」ということができていたらこんなに悩むこともないのよね。

日本ではナルシストとかいって馬鹿にされがちだけど、正直めっちゃ大事だなとか、そういう、日本に生きてたら届かないところまで思考が回るようになるのが自分にとっての海外生活かな。

思考の成長スピードが日本にいる時の6倍くらいです。これからもたくさん行くと思う。その都度ちょっと落ち込んで、たくさん成長するんです。

 

P.S

オランダにきた理由は、将来の移住地として考えているからです。

この前行ったベルリンも最高でしたが、アムステルダムも本当に良い国だ。

どこに住むんだろうねえ。どうなっちゃうんだろうねえ。

数年後に自分が何しているかなんて予測はできないけれど、

まあ「好きな国に住んでいる」と思うし、「好きなことをやっている」と思う。

ここだけブレなければひとまずはよし!ね。

 

 

おもしろかったら、RT・いいねでもしてもらえると大変喜びます。いつも来てくれてありがとうございます!
 


 
 
▪️LINE@
LINE@を、メルマガのような感じで更新中。週に数通、ことばを載せて、みなさんへ送ります。
よかったら友達追加してみてください(直接メッセージも送れます。)

 

Sponsored Link



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. neo より:

    素晴らしいですね。
    海外でご自身の力で、ご活躍されているのを心から凄いことだと思います。

コメントを残す


CAPTCHA