【コラム】「初心者学部、常識破り学科代表」として。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

Sponsored Link

 

僕は一応、カナダ在住のデザイナーと名乗っている。今でこそ、カナダの会社と仕事してるし、やっと名乗るにふさわしい感じになってきたけど、そういやカナダに来た当初、バリバリに仕事のないときはなんて名乗って生きてたっけ。

“I study English…”

“I play the guitar in a rock band…”

これは言ってたな。でも、

“I’m a graphic designer!” って自信もって言えるようになったの、わりと最近じゃないかな。なんかそんな気がする。

 

「そうです、今日もデザインです。」

詳しい経緯とかはこの記事見てもらえたら嬉しいのですが、僕は当初デザイナーになりたかったわけではなく、最初はただ、「自分のバンドグッズが作りたい!デザインかじってみよう!」がきっかけだった。

するとありえないほどハマり、大学の授業中はほぼイラレとフォトショを触ってた。もちろんデザイナーの友達なんていないからだれも教えてくれなかったけど、インターネットとAmazonで買った本で勉強した。グッズ以外にも、フライヤーとかロゴとか作った。

 

↑これが、はじめて作ったフライヤー。

アジがある?ありがとう。

 

大丈夫、確実に下手です。自覚はある。

あと、僕らしからぬ挑発的なイラストになっていますが、エイスケ(Age Factory)の要望です。

 

出演者が普通に豪華ですね。
この頃から僕のバンドPENs+はAge Factoryと仲が良く、東京と大阪で2マンを開催した。
ゲストとしてMy Hair Is Badにも出てもらった。2014年かな?

両バンドともご活躍なさってて、本当に嬉しいです。

 

ま、そんなこんなで19歳の少年は、デザインにハマったのだ。

大学のほぼ唯一の友達“はーちゃん”には、大学で会うと「今日もデザインですか?」と言われた。

 

 

「そうです、今日もデザインです。」

 

 

こんな感じで1年間やりまくってたら、CDジャケットとかも作れるようになった。

けっこう、うまくなった。

 

僕はデザインに “詳しくはない” けど、

 

デザインが “好き” だ。とっても。

 

 

けなさないでぇ!

そう、前置きが長くなったけど、僕は美大でもないし(社会学部です)、もともとデザインの知識があったわけでもない。デザインに“詳しくはない”のだ。

で、日本って、こういう、「知識もないのにうまくいってる人(僕はまだまだですが!)や流行っている文化を、けなす風潮」がある。

 

たとえば今、“写ルンです”が再ブーム中ですが、写真に詳しい一部の人たちが「知識もないのに盛り上がって…」っとか言ったりする。

 

ぼくは、

頼むから「けなさないでぇ!」って思う。

 

いいじゃん、だってかっこいいじゃん、フィルム。

 

しかもそれって、一般の人たちが「写真という業界」にハマっていってる過程なわけですよね。なんでそうやって、「自分たちの業界が盛り上がるチャンスを自分で潰しちゃうんだろ」って思う。

 

専門界と一般界しかないの?中間界があってもいいし、中間界だからってけなされるのは、悲しいな。もうちょっとさ、こういった流れをマイナス意識で止めるんじゃなくて、プラス方向に持っていければいいのに。

 

 

The 中間の僕

そこで登場するのが「僕」ってわけ。

バンド、デザイン、英語、すべての中間!ド中間男。

どれも、その業界1位になれるほどの実力も、専門家ほど詳しい知識もない。

 

でも、“好きな気持ち”だけは止まらなかったんですよね、3つとも。
僕はこの、“超詳しくはないけどめっちゃ好き”の気持ちを本当に大切にしたい。

 

だってよく考えたら、どれだけ有名なデザイナーも、“詳しくはないけどめっちゃ好き”の時代があったはず。それがわりと早い段階に訪れたってだけでしょ。なのに、新参者はけなすの? 悲しいよー。

とはいえ僕がいくら「けなすの反対運動!」をしたところでこの状況は変わらないのです。つくづく、「行動が伴わない言動の威力のなさ」を痛感します。

 

だから、僕にできることは、一般界の代表として積極的に専門界に突っ込んでいくこと。美大でもない、バンドグッズがきっかけで、ネットと本だけでデザインを学んだ僕みたいなのが、どんどん業界の垣根を超えて活躍できれば、みんなもっとチャレンジしやすくなるでしょう、物理的にも、メンタル的にも…!笑

 

勝手にだけど、そういう、「アイデアと行動力で常識をこわす」のが僕の人生的な使命だと思ってるんです。

 

 

さいごに ~初心者の強み~

さいごに、「初心者の強み」の話で締めてみます。
まず、いくら「独学最高!」とはいえ、基礎や王道を”全く”知らないのに「最高の個性」が出来上がるとは思えない

だから、まずは

  • 「既存の最高の作品たち」にはどんなものがあって、
  • その中で自分はどんなスタイルが好きで、
  • どの技法でそういう作品が生まれるかを具体的に調べて、
  • それを積極的に真似る

という過程は必要だと思う。どんなジャンルでも。

で、例えば学校に通ったり、王道ルートを通るとそれが自然と身につくのでそこまでは最高なのですが、その先の、「作品を作るプロセス〜1から10まで〜」すら人に聞こうとしちゃうから、結局みんな同じようなものしか作れなくなったりする。

 

「オリジナルの作品を生み出すプロセス」は、「自分でカスタマイズして作るべき」だと思うのです。

 

もっと、ヘンなことしていいと思うんですよ。

僕が最近始めた英語フレーズマガジンがとても評判なのですが、これも、自分にできること(デザインスキル/英語の知識/カナダ在住という環境)を全部つっこんじゃえ!っていう思考から生まれたものだし、

先生が、「それでは、使える英語フレーズを、雑誌の表紙風にデザインしてブログで紹介しましょう。」なんて教えてくれないんですね。絶対。

 

だから、あまりにも無知でも説得力が出ないのでアレですが、“王道を知りすぎていない”くらいの、常識を外れたアイデアこそが、伸びシロだったりするんですよね。

 

だから、「初心者ってつえーなー」って思います。

勉強はやめてはいけないけど、常識をしらないからこそ生まれる突飛なアイデアとかは、本当に貴重だから、初心者でもぐいぐい突っ込める社会になればいいな。

 

 

てなわけで、こういったとーても為になるお話を、僕がカナダからはるばる日本に持ち帰り、直接お話しします、なんならライブもしちゃいますというのが、10月に全国5会場で開催される僕の帰国イベントでございます。

↓↓↓

『カナダから、新井リオの話』

■ 10月1日(日)12:00~
@東京 学芸大学駅 “m” used clothing store
デザイン/フリーランスの話がメインの日】

売り切れ!

■ 10月8日(日)12:00~
@東京 下北沢ERA
音楽ライブがメインの日】

チケット予約(残り約半分!)

■ 10月14日(日)12:00~
@相模原カフェ・アンドリュース
英語/留学/海外の話がメインの日】

チケット予約(残り5席)

■ 10月21日(土)19:00~
@愛知 鶴舞K.D ハポン
【バランスよくやります】

チケット予約(残り約半分!)

■ 10月28日(土)12:00~
@大阪 阿倍野Rocktown
【バランスよくやります】

チケット予約(残り約半分!)

 

お土産も持っていきます!
でもメープルクッキーじゃつまらないので、レコードとかピンバッジとか、写真とか、ユニークなものを大量に買い込もうと思っていて、ただそうすると費用がやばくて、その輸送費をクラウドファンディングするという、これまた“学校では絶対教わらないだろ”の手法を取り入れて、楽しいイベントにしていきます。

「初心者学部、常識破り学科代表」として、面白いことやっていきます。

クラファンは今週中に解禁!

ぜひ協力してください!

では〜

Sponsored Link



 

おすすめデザイン教本

ちなみに!僕はこれでデザイン勉強しました。もう、「Google」と「この本」があれば、学校通わなくていいのでは…と思います。かなりいいです。初心者の方の最初の1冊にGood。オンラインレッスンもダウンロードできて、本当にいいですよ。

 

 

 

■僕が英語を話せるようになるまでの動画です↓

 

 

ブログの感想

ブログの感想は、Twitterで引用ツイートしていただけると嬉しいです。ご返信をさせて頂きます。

個人的に送りたい方はLINE@でメッセージを下さい!1つ1つ、ご返信させていただきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

CAPTCHA