カナダ体験記part2:ファームステイで費用を抑え田舎を楽しむはずが…【2016.5~6月】

   

Sponsored Link

       

先日、カナダから帰ってきた新井リオです。
観光ビザとワーホリビザを使って、カナダに1年半住んでいました。

21歳〜23歳の青春を過ごしたカナダでの生活は、僕の人生をいとも簡単に変えてしまい、今後も僕が悩みに直面した際に道しるべとなってくれるような経験でしたので、「一生忘れないぞ!」という心意気の元、僕なりのカナダ体験記録をこのブログに記しています。

 

 

今日はpart2。

僕、ファームステイってやつをしたんです。

どうやら、カナダのファームステイについて書かれているブログはあまり多くないようです。かといって留学エージェントのページにある “ファームステイ体験記” には、多分メリットしか書かれていないと思うので…

今日は僕が “赤裸々キラキラ、ファームステイのリアル” について書くことで、カナダに限らず(オーストラリア/ニュージーランドなどの国でも)、ワーキングホリデービザでファームステイを考えている方に向けて参考になる内容になればと思います。

 

 

2017年 5月 ファームステイに応募

2017年 5月、カナダに来てから1ヶ月。
part1で話したように、意気込みだけはすごかったが特にプランもなく、相変わらずカナダのカフェでオンライン英会話をしたり、古着屋やライブを観に行ったり、ランゲージエクスチェンジで知り合ったカナダ人の友達と遊んだり… 好きなことをやっていた。

 

が、1ヶ月も同じことをやっていると、「新たなことを始めないとやばい」みたいな感情になるんです。

僕、1ヶ月を1年と思って生きているので。

 

焦っているわけじゃないんだけど、

常に、「変わりたい」んですよね。

それは多分、自分の生い立ちの記事にも書いたように、昔いじめられた経験が大きく影響していると思うのだけど。

 

去年の自分はもちろん、先月の自分より、成長していたい。
自信のない自分のまま終わりたくないな、と思うのです。

 

で、

  • 環境を変えたい
  • でもお金はない
  • でも英語話したい
  • 田舎好き

これらすべてを叶える選択肢があった。

Yes, ファームステイです。

ファームステイとは、現地の農家の仕事をお手伝いする代わりに、家賃、食費を無料で提供してもらえる体験のこと。1ヶ月〜数ヶ月、住み込みで行うのが普通。

オーストラリアのバナナファームなどではより多くの人が集まって「労働」し、給料が出る場合もあるが、カナダのファームステイは労働というよりも「体験」に近い感じがする。お金は出ないが、ホストファミリーと生活を共にする時間が長く、ホストによっては休日に車で街へ連れて行ってくれたりする。

 

なるほど、、、そんなのがあるんですね…最高じゃん!

早速、応募してみる。

 

 

ファームステイをする方法

1. WWOOFに登録する

まずは、世界のファームステイを取りまとめるWWOOFというプラットフォームに登録料$50カナダドル支払い、登録。(これ以降お金はかかりません。)

その後は、サイト内の検索などを使い、自分でホストファミリーを探す。牧場、果物園、ホステル、ファーマーズマーケットのお手伝い…など、内容も様々。

 

2. メールを送る

何個か目星をつけたら、ホストにメールを送ってみる。自己紹介と、いつから働きたい!…など。

 

3. ホストファミリーとやりとりして、日程を決める

全てのメールの返信が返ってくるとは限らないが、一旦返信が返ってくると、トントン拍子で決まったりする。

僕は、探し始めてから1週間くらいで決まりました。

希望日の最低1ヶ月~2ヶ月前には連絡を取るのがいいと思います。

 

 

よーし、何はともあれ、来月からの新しい予定が決まった。

 

あれ、でもつまり、これから毎日、朝から晩までカナダ人老夫婦と一緒に農業するってことだよな。

日本でも農業やったことないけど。細かいニュアンスの英語、聞き取れるだろうか。伝えられるだろうか。

 

うん、もしかしてこれが、不安ってやつかもしれない。

 

いや、でも、これでいいんだ。

想像できるフツウの日々が続くくらいなら、想像できないスリルのある日々を選びたい。

 

僕は、変わりたかったのです。

 

 

2017年 6月 いざ、ファームステイへ

僕が行ったのは、トロントとモントリオールのちょうど真ん中にある “Perth” という場所。
トロントの友達でさえ知らないような田舎町。

赤いポイントがPerth

 

Greyhound Busでトロント→オタワ→パースへ。そしてパースのバス停に、ホストマザーのShirleyが迎えに来てくれていた。僕と同じ日からファームステイをスタートさせる、ドイツ人26歳の女の子Nicoleとともに、ファームへ向かう。

 

到着。

おおーーーー!!!

まさに、思い描いていたカナダの田舎。
この家にはファームステイ用のトレーラーハウスと小屋があり、Nicoleがトレーラーハウスで、僕が小屋とのこと。

どんな“小”屋かと、楽しみに向かう。

そして案内された僕の部屋が、こちら

 

 

右の黒いやつです。

 

 

 

いや、“大”屋だね、これね。

 

中もこんな感じ。

持て余し狂っています。

なんか右のほうに棺(ひつぎ)みたいのたくさんあるし。

 

あれ、でも、すごい良いスポットを見つけた!

なに、この贅沢な席。

カナダの自然を一望。

夜は星空が見えるとか。

 

 

ありがとう。

 

 

トロントの都会生活から一変、21歳にしてカナダでの老後ライフが、始まりました。

 

 

ファームステイ 仕事内容

僕の行ったファームは家畜のいない野菜と果物メインの農園。

仕事内容は、こんな感じ。

水やり

朝起きたら、まず水やり。乾燥していて陽が強いので、かなりたっぷり水をあげます。

 

草刈り

草刈りマシーンを使って、刈ります。
音で耳が死にます。あと草が飛んできて目も死にます。

 

土運び

せっかくなので動画をどうぞ。
とにかく土を掘り、運びました。

草バズーカ

バズーカから噴出された草塊を、倉庫へ運ぶお仕事。尋常じゃないくらい重かった。

いちご狩り

重い草を運び終えた後のご褒美。一番楽しかった。バレないように2個食べました。

 

工事

多分、勝手にいちご食べたからだと思います。倉庫の工事もやらされました。

 

とまあ、こんな感じ。

あとは写真は撮ってないけれど、窓拭き、肥料まき、おつかい、、、など。

まあ雑用ですね!いろいろやった。

 

タイムスケジュールは、

朝6時~11時くらいまで働いて、お昼休憩。
16時~19時までまた仕事をして、夕飯。

夜は自由時間だったけど、次の日も早いので22時くらいには就寝。

健康的な生活。

 

食事

食事は、1日3食しっかり出してくれます。

朝は、こんな感じ。

すごい。超豪華に見せかけて、意外と食べるものはベーグル、バナナ、卵のみ。“塗るモノ”のバリエーションがやたらと豊富。

 

昼と夜は、ホストマザーのShirleyが作ってくれます。僕やNicoleは、そのお手伝い。

サラダ、シチュー、スパゲッティ、グリルチキン、など、洋風の食事。

ShirleyとNicole

ホストファザーのBob

このテラスで夕暮れを見ながらケーキを食べたりした

 

家族のように食卓を囲み、みんなで会話をしながらご飯を食べる。

 

「もしかしたら、生涯でこんな経験をすることはもうないかもなあ」

 

毎日が新鮮で、貴重。

1日1日を噛み締めながら、日々を過ごす。

 

 

寝る場所

最初に僕が寝ていた場所として、“小屋a.k.a大屋”を紹介したけど、トレーラーハウスに泊まっていたNicoleが予定よりも早く出ることになったので、途中からはトレーラーハウスに場所を移した。

実は僕、日本にいるときからトレーラーハウスの中古販売情報をこまめにチェックするくらい憧れを抱いていて、まさに「念願の」トレーラーハウス生活。

最高っっ!!

ちなみにトレーラーハウスとは、キッチン、シャワー、ベッド、テーブル、ソファが全て装備された車輪付きの小屋で、車の後ろにくっつけて移動ができる夢の様な物体のこと。

 

僕、東京に新築建てるより、良いトレーラーハウス買って長野県とかで暮らしたいタイプの人間なのです。

 

 

 

休みの日

基本的に日曜日と、平日のどこか1日が休み。

休みの日には、ホストファザーのBobに車で近くの図書館まで連れて行ってもらい、

こんなところにまで貸し出されているBLEACHを見て、“強い” と思ったり、

教会に入ってみたり。

 

あとは、家の自転車を借りて近くをサイクリングしたり、

 

途切れ途切れのWifiに苦戦しつつも、スキマ時間でデザインの仕事も続けていた。

「個人でパソコンで仕事をしながらファームステイする人は初めてだよ!」と、ホストファザーのBobに言われた。

 

ここを出るときには、ファームの名刺でも作ってあげたら喜んでくれるかなーと、思った。

 

 

 

シャーリーの急変

ここまで良い話しかしていないが、実は僕のファームステイストーリーには大展開が待っていた。

ファームでの生活が3週間を過ぎた頃。
僕と同時にスタートしたドイツ人の女の子Nicoleは既に母国へ帰ってしまい、僕一人に。

そんな中、悲劇が起こる。

ある雨の降った日、ホストマザーのShirley(シャーリー)が道で足を滑らせ転倒し、腕を骨折してしまう。Bobが病院へ連れて行き、帰ってきたら包帯で腕がぐるぐるのShirley。しばらくは仕事ができないねえ、という話に。

 

が、夏の収穫前の6月。ファームは忙しい時期にもかかわらず、Nicoleも帰ってしまい、圧倒的な人手不足。

一番責任を感じ、焦っているのはShirley。

ここから、彼女の態度が急変。

Bobは「体が大事だから」と休むことをすすめるのだけど、彼女は強行突破で働こうとする。

でももちろん腕が全く動かないので、日に日にストレスを抱え、明らかに口が悪くなる。

それから数日経ち、Shirley、Bob、僕しか存在しないその空間で、彼女のイライラの矛先は全て僕に来るようになった。

悲しいけど、アジア人で小柄な僕はその対象になりやすかったりする。

言われた通り水やりをしただけなのに、「水が足りていない!サボっただろ!お前は植物を枯らしたいのか!!」と死ぬほど怒られ、僕がなにか言おうとすると、

「No Excuse!!!!!!!」
(言い訳するな!)

の一言が、だだっ広い農園に響き渡る。

 

 

あれえ

先週までおいしいスパゲッティ作ってくれたシャーリー、

 

どこいったのーーー。

 

 

あまりに毎日僕が怒られるようになり、Bob(彼は本当に優しい)も心配してくれるようになる。

僕を怒っているShirlryに対し、

「Calm down, Honey!!!」
(ハニー、落ち着いて!)

と農園の遠く向こうからBobが叫んでくれたのは、一生忘れない。

 

助かったのと同時に、70歳超えた夫が、奥さんに対してハニーって言うのイイナ、と思った。

 

ただ怒られているのも辛かったので、僕もいつか、おばあちゃんになった奥さんのことハニーって呼んでみよ、とか考えて、気を紛らわしていた。

 

 

うん

 

 

とはいえ、一番近いスーパーまで車で40分かけていくような隔離されたド田舎で、この関係のまま3人で生活することに限界を感じていた。

田舎も好きだし、費用を抑えて生活できるし、本当は最低2ヶ月、うまくいけば3ヶ月以上は滞在しようとしていたファームでの生活だったけど、早く出ることに決めた。

 

こういうとき、決断は早い方がいい。

僕、「やめる」という行為をすごくポジティブに捉えているんです。

 

それって、次の何かが始まる合図だから。

 

 

こうして、僕の1ヶ月のファームステイが終了。

結局Shirleyとは気まずい関係のまま終わったが、いい経験させてもらえました!

後悔はゼロ。

 

 

まとめ

正直、後味は悪かったけど、「本当に行って良かった」です。“外国の田舎でフツーの生活”って、なかなかできるものではないですからね。毎日が貴重でした。

 

英語力に関して

“英語力を上げるためだけ”に行くとするなら、「期待はずれ」になってしまう可能性は高いです。なぜなら、出て来る単語がかなり農業系だし、作業は1人でやる時間の方が多いので、仕事中は会話ができなかったりする。

中には「英語力は伸びないからファームステイはオススメしない」と書いているブログまであるくらいなのですが、

でもそれって、「“環境”が英語力をアップさせてくれてる」と思い込んでいるから生まれることばなのでは?とも思う。

英語力を上げてくれるのは、

他ならぬ、「自分自身の努力と、それを実践できる場」です。

これは絶対。

 

ファームステイという“環境” が英語力を高めてくれると思って行くような人は、語学学校に通ったって厳しいのではないか、と思ってしまいます。そこには、「自分自身の努力」という要素が欠如しているから。

 

正直、今の時代、オンライン英会話を使えば日本でもかなりのレベルまで持って行くことができるし、大切なのは「どんなことでも自分の力にしよう」という意思、そしてそれを実践する場と行動力。

 

そういう意味で言えば、いくらファームの仕事が忙しいとはいえ、最低1日3回はネイティブと会話しながら食卓を囲むことができるので、その際に、自分で勉強した英語フレーズをできるだけ使ってみようと努力したり、

ファームステイ仲間と時間を見つけてよく遊び、一緒に英語を勉強することだってできる。(実際ドイツ人のNicoleも英語が得意というわけではなかったので、なるべく2人で英語で話そう!と決めていました。)

 

実践の場は、見つけ方次第で確実にあります。

 

 

行くべきかどうか

先ほど述べたように、他のブログでは「別に英語力が伸びるわけではないし、欲しいものが手に入らなくて不便だし、田舎が好きな人にはいいけど、そうでない人には全くオススメしない」と書かれているのですが、

だからこそ一度行ってみた方がいいのではないかと、僕は思っちゃいます。

 

だって、こんなことなかなか経験できませんよ。

日本人どころか人が全然いない海外の田舎で、スマホを置いて、英語だけ話して、農業手伝って、いちご食べて、シャーリーに怒鳴られて。

 

それでも、

負けるな!と言わんばかりの虹に勇気付けられ、

 

 

 

へこたれそうになった頃に現れる幻想的な夕暮に感動する。

 

 

青春です。ぜんぶ。

 

「悩み」は「成長」ですからね。

 

捉え方次第だと思うのです。

 

僕は常に成長したいので、これからも積極的に“悩んで”いこうと思います。

 

 

悩み抜いた先に、New Worldが待っていると信じて…。

 

 

じゃ、今日はこれで終わり。カナダ滞在記録は今後も続きます。(次回は来週更新)

また!

 

 

 

ブログの感想

ブログの感想は、Twitterで引用ツイートしていただけると嬉しいです。RT・いいね も素直に喜びます。

個人的に送りたい方はLINE@でメッセージを下さい!1つ1つ、ご返信させていただきます。

 

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

 

僕の英語勉強法

2015年、日本でオンライン英会話にハマり、
翌年2016年からはカナダでデザイナーとして仕事を始めました。

オンラインだけで英語を習得した、僕の数年間のストーリーを。

独学3年間の努力と道のり。日本で英語が話せるようになった僕の勉強法

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA