「オンライン英会話のレビューをやりませんか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

Sponsored Link

 

 

この前、1通のメールが届きました。

「オンライン英会話のレビューをやっていただけませんか?」

 

このブログは「arairio.com – 新井リオの英語ブログ」というタイトルで、一英語学習者のぼくの、個人的な “英語観” を発信しようという趣旨で気ままに始め、開始から約2ヶ月。

出来立てブログにしてはかなりのハイペースで、多くの方に読んでもらえているようです。

 

嬉しい。

 

そして今回のご依頼。

お話をもらったのは、『オンライン英会話Mainichi Eikaiwa』さんです。

 

ちなみに僕はDMM英会話で英語を習得し、今では『大学生デザイナーバンドマンがDMM英会話を初めて海外で仕事をするまでの3年間の話』という連載記事まで書かせていただいているほどのDMM狂なので、今回のご依頼は迷いましたが、

メールにて「Mainichi Eikaiwaについて正しい情報であれば、目や耳に痛い部分が含まれていても構いません」という非常に謙虚なご連絡をいただいたので、

ぼく自身にとってもなにか英語の新しい一面が見られたらな、と思い、お引き受けすることにしました。

どちらに媚びることもなく、客観的に感想を書ければなーと思います!

 

実際のレッスン

50分レッスン

DMM英会話では25分レッスンなので、50分はいつもの倍。

感想は、

  • ちょっと長くて、初心者には疲れる
  • 自分の実力が痛感できるので、中級者〜上級者には良い

という感じでした。

気軽にサクっとというよりも、しっかりと英語力を伸ばすためのレッスンですね。

最近はカナダ生活も2年目で、「だいぶ慣れたな〜」なんて抜かしていたので、

ちょっと、目が覚めました。

50分ぶっ続けで英語を話すのは、それなりに疲れます。

 

一回体験を受けてみて、

50分→長いな→疲れた

という感想になる人には、ちょっとつらいかも。

完璧な初心者の方とか。

ただ、

 

50分→長い→大変だけど現状が知れてためになったな

と思える人には、とっても良いと思いました。

つまり中〜上級者で、最近の勉強法にマンネリしている方などにはGood。

 

ま、ラクなことって、やはりそれなりの効果しかないんですよね。

現状を知り、問題点を改善していく地道な努力こそが、いつかの大きな結果をもたらしてくれると信じています。

 

感想①

「疲れたけど、現状を知れてハッとした!
気が引き締まって、もっと勉強頑張ろうという気になった。」

 

 

 

ネイティブ講師

アメリカ人、イギリス人、カナダ人から選べるそうです。

僕はせっかくカナダに住んでいるので、カナダ人の方を選びました。

 

僕はわりと発音がいいと言ってもらえる方で、最近も友達に褒められて「えへへ」とか思っていたのですが、

今回は、カナダ人ネイティブスピーカーの先生ということで、たっっくさん指摘してもらいました。

「あ、まだおれ全然だったじゃん」

と、気づかされました。

ちょっと本気で、反省。

ちょうどこの前、英語キュレーターのセレンさんのツイートで

というツイートがあったのですが、まさに「a」「the」「because」を指摘されました。

『要らない「r」サウンドが入ってるよ、まあ聞き取れはするけど、本当に高いレベルで話したいなら意識してなおしましょう。』

結構ガツっといわれたので一瞬傷つきましたが、

それを避けてたらレベルアップは無理ですからね。

自分に都合の悪い部分こそ、まずは認めて、それに「向き合う」ことでしか状況は改善されない。

ほんとう、ためになりました。

これは「ネイティブスピーカーの先生」だからこそできることかなと。

今までDMMのフィリピン人の先生にここまで細かい指摘を受けることはありませんでした。

みんな、「Yor pronunciation is so good!」とか言って、けっこう褒めて伸ばしてくれるので。笑

浮かれていました。

 

感想②

「がっつり指摘されるので一瞬メンタルくるけど、
本当に英語力を伸ばしたいならとてもいい。」

 

 

レッスン内容

こちらの教材を使いました。

 

ちょっぴり見にくいかもな〜と思いました。

あと、完璧な英語サイトで、日本語の補助説明がありません。

またわからない単語が出てくるとその都度先生に聞くしかないので、

  • 難しい単語はVocabularyの欄があって、最初に目を通せるようになっていればいいかも

と思いました。

までも「先生に聞く行為自体」がまた勉強になりますし、そんなに問題はないですかね。

でも、

よかったのは

  • 50分あるので、余裕を持って質問ができるところ
  • チャットボックスをかなり頻繁に使ってくれるところ

でしょうか。

授業が短いと、

自己紹介が長引いちゃったりした場合、後半でもう教材を全て終わらせる時間がない!なんてこともよくあります。

あとは、もっと深掘りして聞きたいけど、時間が限られているからこれはあとで自分で調べるか、と頭で思っていたら何を調べたかったのか忘れたり。笑

それが、50分あるので、結構ちゃんと「聞ける」し「教えて」くれます。

チャットボックスを使って解説する時間も十分にあるので、色々学べました。

インプット量は、25分レッスンよりも格段に多かったです。

感想③

「時間を気にせず「聞けて」「教えてくれる」のがいい。
そのためインプット量が格段に多い。」

 

 

総括

いい経験でした。

ちゃんと指摘されるのでそれなりに緊張して話したし、「英語力」は上がりそうだと思いました!

向いているのは「中級者〜上級者」かなと。

初心者の方には、

  • 50分レッスン
  • しっかりと指摘される

のは少しプレッシャーになるかも、と。

ただ、

中級者〜上級者にとっては、

  • 現状の問題点がしっかり浮き彫りになり、今後の勉強がしやすい
  • よりネイティブとの会話で緊張感もあり、かなり実用的

という点でいいと思いました。

以上、ほんとうに個人的な、新井リオのレビューでした。

ためになった!

もっと、勉強します…。

 

提供:Mainichi Eikaiwa

 

この記事を書いた人

新井リオ (@_arairio)

カナダ在住のグラフィックデザイナー / バンドマン / ライター

フリーランスとしてカナダ・日本の企業とデザインの仕事をしながら、
自身のデザイングッズブランドPENs+ SHOPを運営。

バンドPENs+でVo/Gtを担当。
2015年にカナダ、2017年にアメリカの計6都市でライブツアーを敢行。

 

Sponsored Link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket