今は、1人インターン中。「お金がなくてもだいじょうぶ!」

   

Sponsored Link

       

今日はサクッと書きます(と言っていつも4000字くらい書くので、脳内文字数感覚が狂っているかもしれない)

僕、日頃なかなか忙しくしている割に、そういえば時給換算すると、そこらへんのブラック企業がオフホワイトに見えてくるぐらいまだまだ効率もわるいですし、収入も波がありまくりで、なかなか思い通りにいかないことも多いです。

でもこの状況に対して、すごく「今の自分にはコレが合っている!」の思えるのです。

とってもポジティブな意味でね。
だから、毎日ほんとうに充実している。

 

 

新卒20万

僕は今年23歳の代なので、浪人や留年がない周りの友達は、今年の四月からいよいよ社会人として働き始めました。

そこで、ある新卒会社員の友人の言葉に興味深いものが。

「まだまだ研修で、会社のために何か貢献しているという感じはないね。むしろ、色々お世話してもらってるのに毎月20万もらって、すごいヘンな感じ。」

なるほど、確かにそれは超ヘンだな、と。

スキルがない段階でいきなり毎月20万円をもらうことのできるというのは、とても日本っぽいな、と思う。

 

もちろん一概にはいえないのだけど、僕が住んでいたカナダでは、特に大企業に入りたいのならば、「大学卒業→中小企業でインターン/バイトをして、実践の中でスキルをつける→大企業へ就職」がわりとメジャーだ、と友人から聞きました。

だから、大学卒業後にストレートに企業就職する人の数は日本に比べて圧倒的に少なく、僕のまわりの友達も、「一度海外に行き、ワーホリを使ってインターンやバイトする人」、「まずは興味ある分野のパートタイムジョブから始める人」など、本当にそれぞれが自分のペースで道を選んでいるなあと感じました。

 

(カナダ人友達の進路について、『カナダ1年半の留学を終えて。絶対に伝えたい“英語力”より大事なモノ』という記事にもっと詳しく書いています。)

 

で、

たしかにこれ、すっごい理にかなっていると思うんです。

ちゃんとその分のお金を生み出す力やスキルがあるからこそ、対価としてそれなりのお給料がもらえる。

まだそこまでのレベルに達していないから、まずはバイトやインターンで経験をつける。

 

日本って、新卒にいきなり20~30万あげちゃうかわりに、数年経ってスキルがついてきても、20代のうちはほとんど給料変わらない、みたいな風潮がありますよね。

 

もちろん一概には言えないですが!
LINEの元社長 森川亮氏が書いた「シンプルに考える」という本には、

「年齢、職歴、役職に関係なく、ユーザーのニーズに応える情熱と能力がある人間が主導権をとる。そして、クオリティの高いプロダクトを、どこよりも早く出す。ルールはこれだけだ」

というフレーズがあり、「かっこいい〜!」と思いました。実際に、長く働けば給料があがるという従来の制度を、森川氏が社長に就任したタイミングで排除したそうです。

 

でもまだ、日本では、こういう考え方ができる社長がいる会社の方が少数だと思います。

 

 

もちろん、お金をもらいながら経験も積むことができて、自分自身のスキルが上がるならそれにこしたことはないのですが、

僕の心境を話すと、だれかが既に持っているような既存のスキルを今から自分が、自分の人生の時間をかけて身につけていくことに魅力を感じていない。というのが正直なところなのです。

 

でも、同時に、「オリジナルを追求するにしても、まずは基礎/王道を知ることが大事」というのも重々承知しています。

 

ただ、だからといって、じゃあ王道を知るためにまずは学校に…。まずは会社で3年働いて…。

という発想にもならず、

「ヘンに学校通ったり会社で修行を積まなくても、インターネットと本の情報 × 行動力と実践力さえあれば、それと同等か、なんならそれより高いレベルまで、1人で、より速くたどり着くことができるのではないか」

と思っている自分もいるのです。

 

だから、

今僕は、個人でいただいているフリーランスとしての仕事とは別に、

. インターネット、本をとにかく読んで情報を知り、知識をつけ、仕事ではないデザイン作品を作り出して試行錯誤。(これはネットにアップしていませんが、自分のスタイル追求ために毎日なにかしら創っています。)

. 英語を勉強するだけで終わりにせず、それを「英語フレーズマガジン」という自分なりのアウトプット方法で表現。

など、すぐに結果には結びつかないけど絶対に大切な過程を、今はやっています。

 

言うなれば、「1人インターン」をしているような状況だと思っているので、だからこそ、努力量のわりに、まだそんなにお金を稼ぐことができていないという現状にも超納得しているわけです。

 

 

 

もちろんね、いきなりお金もバンバン稼いで、スキルアップも同時にしながら成功しちゃえる人がいるとするならもう完璧で「すごい」としか言えないのですが、

僕はそんなに「すごくない」んですよね。

自分の不器用さは自分が一番分かっているので、その分、「おれ不器用だからな」で終わらせるのではなく、「不器用なおれは、どういう手順でやれば、よりやりたいことをやり続けて生きていける人生になるかな」と常に考えています。

 

そうやって自分なりにたどり着いた結論が、「目先のお金よりも経験を優先しろ」だったので、今は、とりあえず死なない分だけお金があれば、「経験」の方を優先させているし、

また、僕のレベルで貯金をするのも全く意味がないと思っているので、お金が多く入った月はデスク周りのツールを良いモノに揃えて作業環境を良くしたり、自分の応援しているアーティストの作品を購入したり、後輩をご飯につれていったり、人のために使うようにしています。

 

今僕に貯金があったところで、本当に意味ない、と思うんですよね。

 

23歳、お金なくてもそれなりに健康に生きていける今の時期というのは超アドバンテージだと思っているので、当分は、「経験」の方に時間を使って生きたいと思いやす。

 

 

なによりね、毎日のこういった活動自体に充実感があるので、本当に楽しいです、最近。

 

 

 

ま、こんな感じです。ぼくの考え方。

 

はい、ということで、今日も3000字書きましたね。

 

僕の「サクッと」は3000
字です。

 

歯ごたえでいうと、サクッとというよりも「ザク、ガリ、ガリ…」

くらいでしょうか。

 

 

明日は名古屋でライブ&トークショーです。

 

楽しみです。

 

 

名古屋会場】

10月21日(土)

@愛知 鶴舞 K.D ハポン

僕にできること全てバランスよくやります in名古屋

定員:50人

op18:30/st19:00

前売り¥2000

https://pens.buyshop.jp/items/7590041

 

 

では。

 

 

Sponsored Link



 

ブログの感想

ブログの感想は、Twitterで引用ツイートしていただけると嬉しいです。RT・いいね も素直に喜びます。


個人的に送りたい方はLINE@でメッセージを下さい!1つ1つ、ご返信させていただきます。

 

Sponsored Link



 

 

こんな社長のもとなら働きたいな、と思わせてくれる本。
名言たくさんありましたが、特に好きだったフレーズ。

 

むしろ、リソースに恵まれた環境よりも「 何もない」くらいの環境のほうが、自分を成長させることができる。

「絶対に成功する」という確信がもてるまで、ありとあらゆる努力をする。それが「 すごい人」たちに共通する姿勢なのです。

 

本たのしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA