Take Proactive Action! 行動することの価値

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

Sponsored Link

 

どうも、カナダ在住、グラフィックデザイナーでバンドマンの新井リオ(@_arairio)です。

このカテゴリーの記事は、あまり深いことは気にせずに新聞のコラム的ポジションで思ったことを書いていこうかと。長いTwitterみたいな感じで。

なんせこういうの話せる友達がいないんでね、今は。もちろんカナダ人の友達たくさんできましたが、こういう人生とかライフスタイルに関する思いを丈をぶわぁーって話すのってまた違うじゃないですか。ね。だからここに全部書くので、コメントとか気軽にくださいな~。

同年代の方、音楽やっている方、同じく海外志向がある方など。どなたでも。繋がりたいです。

Sponsored Link



 

さて、タイトルの「Take Proactive Action」は、僕が去年自分で決めたスローガンといいますか。何が大事かわからなくなったり悩んだときにふと思い出そうってなワードですよ。

日本に生きててProactive(プロアクティブ)ときくとニキビケアしか思い浮かびませんが、Oxford Dictionary で意味を調べてみると、

controlling a situation by making things happen rather than waiting for things to happen and then reacting to them

もうナポレオンとかの、どっかから引用された名言の解説レベルでかっこいいこと書いています。

訳は、

「何かが起こるのを待つのではなく自分で行動を起こしそれに対処することで、状況をコントロールする」

すごい。

かっこよすぎ。

てなわけで、ProactiveなActionをTakeするのが僕の人生テーマ。実際に自分の人生が大きく変わったタイミングって、絶対に「自分が起こした行動」によるものですよね。

僕のProactive Actionだったタイミングは、

・周りにやっている人はいなかったけど、どうしても音楽が好きだったから、中3で受験のタイミングにも関わらずギターをはじめたこと。

・自分の高校でバンドが組めなかったから隣高校の原と古屋に声をかけてPENs+を結成したこと。

・全然やったこともなかったのにとりあえずバンドグッズを作るためにデザインを始めてみたこと。

・英語話せないのに19歳で一人で1ヶ月アメリカにバックパッカーしに行ったこと。

 

ですかね。まあ無意識で気づいたらやっていたんで。若さで。勢いで。

でも改めて自分のターニングポイントを振り返ると、全部「できるかはわからないけどとりあえず自分からやってみた行動」からきているなあと。

勿論、たとえば感動するものを見たり、尊敬する人の勇姿をみて何かが変わることもあると思いますが、それをその瞬間お金と時間をかけて見に行ったのは自分だし、なによりそれに影響を受けた事実よりも、影響を受けたことにより始める自分の行動の方に意味があるので、Proactive Actionだと思います。

だから、このProactive Actionをとにかく増やしていきたいですよね。年を取ると、若さの勢いでなんかやっちゃおみたいな気持ち薄れると思うし。いや僕はむしろ増していきそうな人間な気もしますが。

でも、やるかやらないか迷った時は、やる。だって、やらないとそれが良かったかどうかさえわからないから。

あと人生はまだ長い。意外と長い。から大丈夫。

 

僕は多分相当人に恵まれている人間です。

日本でならまだしも、カナダでもアメリカでも人に助けられまくって生きています。

世界のいろんな都市に、いつでもうち泊まって〜!みたいな友達ができたし、すでに海外で2回もライブツアーができたり、ずっと好きだったアメリカのバンドとデザインの仕事ができたり。

人生でやっていい経験量を22歳にして使い切ったっぽくて、40歳頃、それはもう凄まじい暇の境地に達するかもしれませんしそんなことはありませんが、

こうやっていろんな人が僕を面白がって寄ってきてくれるのも自分が自分の意思でバンドとデザインと英語を始めたからに他ならず、

おうちでずっとかなたと遊んでるだけでは叶うことはなかったんですよね。

皮肉にもかなたは漢字で「叶」と書きます。

新井叶、12歳。僕の10個下のゲーム大好き弟で将来の夢はYouTuberですが、これから中学生になる彼をみなさんあたたかく見守ってやってください。

 

では〜

Sponsored Link



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA