ぼくは “参加型育成ゲーム” です【コラム】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

Sponsored Link

 

新井リオ(@_arairio)です。

いつもお世話になってます。

 

趣味が「考える」ことなのですが、最近「考えすぎて」もう頭がパンクしてきましたため、

一回ブログ書きます

 

たった2ヶ月前に始めたブログに、いまは心底ハマっている次第なんですけれども、

良いんだか悪いんだかわからないクセ

『せっかくやるなら、本当にいいもの作りたい』

 

がしっかりと発動しまして、

「あーもう何書いていいかわっきゃんない!」状態が数週間続いております

↓↓↓

 

 

 

 

 

デザイナーのくせにこんなにくおりてぃの低み にあふれた画像を作ってしまうほどです

 

 

愛用デザインソフト Adobe illustrator も、「ぼくはきみの鼻毛のために生まれたのではない」と言っています

一応

ふだんはまじめなデザイナーです

 

 

 

 

 

この3つめの画像の“A-LIFE”という名刺はぼくの父ちゃんが最近始めた不動産系の会社なのですが、弱小すぎてホームページとかはないのでググらないでください

 

ちなみにですが、ぼくがカナダに来た後、 故・ぼくの部屋のベッドなどは全て捨てられ、現在このミニ会社のオフィスとして使われているそうです

 

なんてこったい

 

自分でもたまに忘れますが、実はぼくはまだ日本では “実家暮らしの大学生ッティ” なので、部屋がないのは困るのです

 

来年、大学がまだ1年間残っているのです

 

だからあの、帰国後すぐに家を出なけらばならぬのです

 

「Such a hassle! 」

(意味:めんどくさい)

(このままだと何も生まない記事になりそうなので、なんとか英語表現を入れて“ためになる”感を出しました)

 

ただ、ポジティブ底なし沼のぼくはこんな状況からも「メリット」を見出してしまいました。

実家に部屋がない

そしたら

1人暮らしでしょ、

帰国したら英語を話す機会減るよな、

「外国人向けにairbnbを始めて自分もそこに住もうかな」と。

 

2部屋ついてるアパート、またはその時までにぼくの収入が追いついたら東京で安めの一軒家を借りて、airbnb始めようかなと、本気で今かんがえております

 

airbnbって、個人民泊のことです

 

ぼく、家がすきなんですよね

 

そして家に人を呼ぶのも好きなんですよね

 

そして英語も好き、外国人と話すのも好き、

 

だから、自分の好きが詰まった空間を自分で作っちゃおうかなと。

 

世界から、毎週いろんな人が集まる

 

で、月一回くらい、日曜日に家でライブ

 

装飾もいい感じにして

 

自分でデザインしたグッズやフライヤーで壁を一面いろどって

 

プロジェクターで壁には映画流しときます

 

お酒飲めないからドリンクは “カフェラッテ or ミルクティー” かな

 

あと料理も好きなんでね、ハンバーグとかパスタとか作ります

 

あとはだれかにチーズケーキ作って持ってきてもらお

 

 

こういうの日本のオトナが聞いたら「甘いこといってんな!シゴトしろ!」って感じですけど、

 

土日も毎日仕事してます!

 

フリーランス、まだまだ生活はギリですけど、好きなことを仕事にしているからこそこういうことができるなあと。

 

自分の頑張りがモロに結果に繋がって年々仕事も増えているので、なんか夢ありますね。

 

だからこんな夢妄想みたいなことでも、真剣に取り組めば叶うと思ってますからね。

 

てか実際、僕はカナダで、まさに今言ったような生活をしてまする

チーズケーキを手に持ってる

 

しかもairbnbの収益をうまくまわせたら、家賃や月1のライブ開催費くらい全然ペイできるし。

 

本当にうまくやればね。

 

ま、まだ色々と調べきれてないんで

 

実現しなくてもおこらないでください

 

でもほんと、こういう “素敵だな〜” と思えることを一生していたいですね

 

それで気づいたら会田誠みたいな 「たまに自撮りなど」しちゃう わいるどおじちゃん になってたいんですよ

 

まあいつか、実現したときには遊びに来てください

 

まじで招待します

 

いや

 

つい一個前に

英語学習において、最初に知っておくべきことを3つ考えた

なんてまじめな記事を書いたのに

 

なんでいまこんなゆるゆるな記事を書いているかって、

 

冒頭でも言ったように、今ぼくは

アイデアがキャパオーバーして頭がパンクしそうなのです

 

ほら、

 

ぼくが考え抜いた「結果」だけを発表するのもいいですけど、

 

ぼくが考え抜いてる「過程」すらも発信しちゃえばおもろいかなと

 

 

 

ぼく、むかし一度だけガチな占い師、前前前世が見える方にみてもらったことがあって、

「あなたは、人のために生きるとすべてがうまくいく星のもとに生まれています」

と言われました

 

うん

 

たしかに

 

ぼく、なんで毎日こんなに仕事ばっか勉強ばっか、ちゃんと続いてるんだろ、と思って、

 

実際いまやってることすべて「自分のため」なんですけど、

でも、これを、もうだれよりも努力して、この、自分の夢を叶えていく姿を周りの人に見てもらうことによって、誰かがなにか新しいことをはじめるきっかけになってくれたら、こんなに嬉しいことはないな、という気持ちが常にあって。

 

自分のことなんだけど、勝手にだれかの夢まで背負って頑張っているような

勝手に、ですけど。

カナダで、1人のちっぽけな(物理的にも小さい)少年が悩み、奮闘しながら、まわりも見えずに「夢があるんだー!」とか抜かしている姿を見て、

 

あれ、そうだ、そういや人生って、まわりからどう思われるとかじゃなくて、単純に楽しいことを、好きなことを全力ですればいいんじゃね、な〜んて思ってもらえたらな、みたいな

 

ね〜

 

“参加型育成ゲーム” のような感じで、

みなさん、こんなぼくを今後ともよろしくお願いします

 

 

この記事を書いた人

新井リオ (@_arairio)

カナダ在住のグラフィックデザイナー / バンドマン / ライター
自身のデザイングッズブランドPENs+ SHOPを運営。

バンドPENs+でVo/Gtを担当。
2015年にカナダ、2017年にアメリカの計6都市でライブツアーを敢行。

 

感想あったらお気軽に〜
LINEで友だちになる

 

Sponsored Link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket