新しいプロジェクト、「英語フレーズマガジン」を始めます

カナダから、新井リオです。

Instagramで、新しいプロジェクトを始めます。

それは、

English Phrase Magazine

って、名前は今決めたのですが。

もっといいのあったら教えてください。

とにかく、デザイン・英語・海外生活、僕に今できることを詰め込んだコンテンツを作ります。

 

きっかけ

ここ3年くらい英語にハマっているのですが、去年からカナダに暮らし始め、

「単語自体は難しくないのに、日本人が知らなくて、海外で頻繁に使われている言い回し」

にたくさん出会うようになりました。

例えば、

I’m good → 私は大丈夫です。
お腹いっぱいなのに「これ食べる?」と聞かれたとき、Noとはいいにくい。そこで「I’m good」というと、「私は今は大丈夫です」と言うニュアンスになり、やんわりと断れる。

I’ll be back → すぐ戻ります。
レストランでの食事中にトイレに行きたい。「I’ll be back (すぐ戻ります)」というと、「Bathroom(バスルーム)」という直接的すぎる表現をせずに、トイレに行くことを伝えられる。

 

こういうフレーズこそが海外生活で実際に役立つのに、日本の英語学習者にあまり出回ってないなーと。こういった、簡単だけど使えるフレーズを、自分が英語の勉強を始めた時にもっと知りたかった。

 

キーワードは「掛け合わせる」

僕は「Phrase Stock」という名のデジタル単語帳をLINEに自分で作って勉強しています。検索もできて絵文字も使って覚えやすく、われながら画期的なシステムだと思っています。

参考記事→LINEを【英単語帳】としてつかうと、最高です』

 

で、ブログを始めて3ヶ月。思ったよりも「英語学習のヒント」を得るためにこのブログを読んでくれる方が増え、なにか僕にできることをしたいなーと思っていました。しかし、ただこれを公開するだけでは面白くありません。

 

僕の人生テーマは、

新しい視点/面白い見方で物事を考えて、行動に移すこと。

1つの分野で1位になることはできなくても、違うジャンルのものを繋げて自分で新しいモノをつくること

 

ま、簡単に言うといい意味でヘンなことし続けていたいんですね。

そ、こ、で

 

英語の便利フレーズたちを、自分で撮った海外の写真を使い、雑誌の表紙っぽくデザインして、アップしていこう

というのが今回の企画。

 

 

ちなみに「雑誌風」にしたのは、僕が「雑誌が好きだから」です〜

結局、好きなこと、自分のためになることしか続きませんもん。

ただ、どうせなら「“意義のある”好きなこと」がしたい。

これを毎日続けることで、僕は「デザインレイアウトの練習」「英語フレーズの復習→定着」ができ、またこれを見てくれた人にとっては「使える英語の勉強」になる。

このままうまく進んで、なにかホンモノの雑誌の連載でも決まればなーとか、ストックが貯まったら、実際に雑誌にして発行したいなーなんてちょっぴりおもてます。。

まあまだ妄想ですが、妄想を実現させていくのが人生です。

いずれにせよ、「ただ英語を勉強して自分で読み返して満足していた」去年の僕よりは、確実に進歩があるでしょう。年々進化したいのです。

 

 




 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る