1人の時間の重要性。自分のレベルを上げるのは自分の努力でしかない

僕は“1人で居る時間”ってのが、たぶん周りの同年代に比べて圧倒的に多い気がします ほんと基本1人で、1日一回でも人に会えるもんなら超ラッキーくらいの、1人具合。   意図して作った環境ではなかったけど、 でも、 […]

僕は“1人で居る時間”ってのが、たぶん周りの同年代に比べて圧倒的に多い気がします ほんと基本1人で、1日一回でも人に会え

素直に “自分の常識” だけを生きれば、まず、そんなに悩まない

きのう?おととい?書いた、『独学デザイン勉強法→仕事の取り方/考え方の記事』が、もうはんぱなく読まれていて、すんげっうれしっ、です。 勢いでいうと、今までの記事で一番読まれているかも ↓↓ Blog 今年でデザイナー歴5 […]

きのう?おととい?書いた、『独学デザイン勉強法→仕事の取り方/考え方の記事』が、もうはんぱなく読まれていて、すんげっうれ

独学フリーランスデザイナーへの道。本→勉強→仕事の取り方まで全て

「イラストレーター」と聞いて、Adobe Illustratorが思い浮かぶのがデザイナー、 職業?あ、絵描きさんかな?となるのが普通の人。つまりごく普通の人だった19歳の頃の僕です。 知識は皆無で、あったのは好奇心だけ […]

「イラストレーター」と聞いて、Adobe Illustratorが思い浮かぶのがデザイナー、 職業?あ、絵描きさんかな?

HiNative Trekという新しい英語添削アプリが “絶妙“ に良かった

Sponsored by HiNative Trek[PR] 最近、新しい英語勉強法も取り入れてみたいと思っていまして。 というのも、正直英語の勉強に行き詰まり…というか、今までの勉強法で伸びるところまでは、 […]

Sponsored by HiNative Trek[PR] 最近、新しい英語勉強法も取り入れてみたいと思っていまして。

悩んでるなら、もう結果出すしかない

  今、とにかく好きなことをして生きているのですが、 むかーしむかし、 周りからなにか言われるのを気にして なるべく物音をたてず 周囲に気を遣って生きてたとき 「結局、これによって幸せになれる人って1人もいなく […]

  今、とにかく好きなことをして生きているのですが、 むかーしむかし、 周りからなにか言われるのを気にして な

カナダからの帰国イベントを終えて。

昨日の大阪公演にて、全国5会場の帰国イベントが終了しました。 カナダにいる6月から構想を始めて、会場をブログで募集するところから始まり、お土産としてレコードを持って帰りたい!と思い、100枚以上のレコードを持ち帰るための […]

昨日の大阪公演にて、全国5会場の帰国イベントが終了しました。 カナダにいる6月から構想を始めて、会場をブログで募集すると

「トイレに行ってくる」は英語で「I’ll be back.」(←かっこいい)

【英語フレーズマガジン】 海外で生活していると、日本の教科書で習うようなカタイ英語より、もっとフランクで実用的な”日常英語”が必要になります。 その代表例でもあり、1日1回は使うのではないかというフレーズ、 「トイレに行 […]

【英語フレーズマガジン】 海外で生活していると、日本の教科書で習うようなカタイ英語より、もっとフランクで実用的な”日常英

今は、1人インターン中。「お金がなくてもだいじょうぶ!」

今日はサクッと書きます(と言っていつも4000字くらい書くので、脳内文字数感覚が狂っているかもしれない) 僕、日頃なかなか忙しくしている割に、そういえば時給換算すると、そこらへんのブラック企業がオフホワイトに見えてくるぐ […]

今日はサクッと書きます(と言っていつも4000字くらい書くので、脳内文字数感覚が狂っているかもしれない) 僕、日頃なかな

カナダ体験記:ファームステイで費用を抑え田舎を楽しむはずが…【2016.5~6月】

先日、カナダから帰ってきた新井リオです。 観光ビザとワーホリビザを使って、カナダに1年半住んでいました。 21歳〜23歳の青春を過ごしたカナダでの生活は、僕の人生をいとも簡単に変えてしまい、今後も僕が悩みに直面した際に道 […]

先日、カナダから帰ってきた新井リオです。 観光ビザとワーホリビザを使って、カナダに1年半住んでいました。 21歳〜23歳

就職正社員か、フリーランスか。どっちがいいのか。

サクッと書きます。 いつも書きすぎなんだ、わしは!   今日は、「新鋭デザイナー50組の仕事」という本を読み返した時に思ったこと。 普段本を読んだ後、感想やアイデアを書きだしたりするのですが、そういうのもBlo […]

サクッと書きます。 いつも書きすぎなんだ、わしは!   今日は、「新鋭デザイナー50組の仕事」という本を読み返