英語で「分かった」”I understand”はOKで”I understood”はダメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

Sponsored Link

 

【英語フレーズマガジン No.4】

カナダのデザイナー、新井リオです。

“簡単な単語なのに、日本人には知られておらず、海外では頻繁に使われている英語フレーズを、雑誌の表紙風にデザインして” お届けします。

 

今日は、「わかった」を表すことば「understand」について。

こんなの簡単すぎてだれでも知っているぜ〜という感じなのですが、実は現在形「understand」過去形「understood」ニュアンスが違い、使い分けなければならないのです。

初めて知ったときは、とてもびっくりしました。

 

「わかった」は“I understand”か“Understood”の2択

 

「わかった」の英語訳には、有名なもので「I Got it.」という表現もありますが、「understand」という単語を使って「わかった」を表現するときは、

I understand.
(I + 現在形)

Understood.
(過去形)

の2択です。

 

「わかった」と言いたい時に、

I + 過去形の「I understood.」とは言わない のです。
知らなかった~

これ、覚えておいた方がいいです。

 

詳しく解説します。

 

 

《前提》
「understand」は「わかっている状態」を表す単語

実はunderstandは、「分かる」という一時の動作ではなく、「わかっている」という状態を表す単語なのです。よって、

  • understand →「 わかっている」
  • understood → 「わかっていた」

というイメージ。

 

 

1.「I understand.」を使う場合

基本的に、「わかった」というのは、「相手が言ったことを今、私が理解している状態」ですよね。

例:I understand.

「You know what I mean?」-「I understand.

(「今私が言ったこと、分かった?」「わかりました。」)

「You know what I mean」は、自分が今言ったことを相手が理解したか確認する、カジュアルな定型フレーズです。

 

 

2.「I understood.」を使う場合

もう一度おさらい。understandは「状態を表す」単語です。

よって過去形understoodは、「既にわかっていたこと」に対して使います。

例:I understood.

「Don’t be sorry, I understood your situation.」

(謝らないで。君の状況はわかっていたから。)

 

 

3.「Understood.」を使う場合

では、なぜ「わかった」という意味でたった1語の「Understood.」が使えるのか。

それは、この1語のフレーズUnderstoodは本来、「It is understood.(それは理解されている)」という受動態だからです。

例:Understood.

「Please don’t touch this, OK?」「(It is) Understood.

(「これに触らないでくださいね?」「わかりました。」)

という感じ。“主語” が違ったのですね。

 

 

覚え方

ま、実際に「わかった!」と返事をする時にこの理論をごちゃごちゃ考えても仕方がないので、

  • 「I understand.」
  • 「Understood.」

この2択だと思えばOKです。ちなみにこの2つに違いはないので、もう「自分はI understandとだけ言う」と決めてしまってもいいかもしれません。

 

 

マガジン制作秘話

これは、モントリール都心から車で40分ほどで行けてしまう国立公園「Mont Saint-Bruno」というところで撮った写真。あまりに素敵な親子だったので、声をかけて撮らせてもらいました。

 

僕はカナダのモントリオールという街が大好きで、去年住んでいました。現在はトロントに住んでいますが、それでも仕事の関係(という名目の、ただ行きたいだけ)で、いまだに月1回ほど、モントリオールに行きます。

 

 

この公園は、園内にいくつかある大きな湖を取り囲むように木々が茂り、自然で溢れていて、都心で疲れた心が浄化されます…。カナダのモントリオールに来る際は(なかなか来れないと思うけど泣)、ぜひ行ってみてください。

 

English Phrase Magazine


おかげさまで、大好評です。

歴代「英語フレーズマガジン」と、その解説一覧はこちらから。

 

また、“英語フレーズマガジン”のコンセプトきっかけについてはこちらの記事を↓

新しいプロジェクト、「英語フレーズマガジン」を始めます

 

フレーズ、写真、デザイン、全て1人で作っております。

インスタでも毎日更新中!

 

では!

 

この記事を書いた人

新井リオ (@_arairio)

カナダ在住のデザイナー / バンドマン / ライター

■デザイン
TOWER RECORDS、ヴィレッジヴァンガードとのコラボグッズを製作。また、自身のデザイングッズブランドPENs+ SHOPを運営し、日本とカナダのアパレルストアにて販売中。
バンド
PENs+でVo/Gtを担当。これまでに3枚のCDをリリースし、2015年にカナダ、2017年にアメリカの計6都市でライブツアーを敢行。
■ライター
現在、DMM英会話ブログにて連載記事「大学生デザイナーバンドマンが海外で仕事をするまでの3年間の話」を執筆中。

 

1番オススメの英語勉強

たくさんの勉強法を試しましたが、ダントツ効果があったのがDMM英会話です。僕はスピーキングの練習に関してはDMMしかやっていません。カナダに住みながらいまだにやっています。毎日できて、毎月5500円なので、飲み会1回減らしてDMMやった方がいいです。無料で2回レッスンが受けられます。

こちらからどうぞ↓

DMM英会話無料レッスン

英会話

 

Sponsored Link



 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket