「あなたに頑張ってほしい」を英語でどう表現する?「Charm」を使う!

【英語フレーズマガジン No.17】

先日、こんな場面がありました。

僕のSNSにも毎週登場する、カナダの友人Vaughnちゃん。

 

 

彼はずっとStarbucksで働いていたのですが、先月に仕事を辞めて明日からAppleで働き始めることに。

ちょうど二人でカフェにいたので、「明日から新しい仕事頑張ってほしいし、コーヒーを買ってあげよう!」と思いました。

ここで疑問が。

こういった場面での、「頑張ってほしくて/応援しているから〇〇する」って、英語でどうやって表現するのだろう。

良い表現がとっさに出ず、けっこう詰まっちゃいました。

みなさんも、ちょっと考えてみてください。

「頑張って欲しいから、コーヒー買ってあげる!」

って、英語でなんて言えばいいのでしょうか?

.

.

.

.

.

頑張って欲しい人にかける言葉

Good luck charm

正解は、

I’m getting this coffee for you as a good luck charm. 

頑張って欲しいから、コーヒーを買ってあげる。)

といえるらしいです。

面白い!

Charm(お守り)

charmという単語をつかえるのですね。

charmは、チャーミングポイントと同じチャームですが、日本語で言う「お守り」みたいな意味があります。

“charm” のグーグル画像検索

oxford英英辞典で調べると、

a small object worn on a chain or bracelet, that is believed to bring good luck

幸運をもたらすといわれている、チェーンやブレスレットなどの小物)

と出てきます。

よって、

「I’m getting this coffee for you as a good luck charm. 」

という先ほどの文章を直訳すると、

幸運のお守りとして、このコーヒーを買ってあげるよ!” みたいな。なんか素敵。

そのほかにも、Charmを使わずに同じようなニュアンスを表せる表現をいくつか聞きました。

I got this for you for good luck!

(意訳:あなたのこと応援してるから、これを買ったよ!)

 

I’m getting this book to encourage you to study more efficiently.

もっと効率良く勉強できるように、この本を買ってあげる。)

 

I’m buying this Ipad for you to encourage you to do better with your tests.

テストでいい点取れるように、アイパッドを買ってあげるよ。)

 

やっぱり、“具体的” ですね!英語は。

日本だったら、「この本買ってあげるから勉強頑張ってね!」で終わりだけど、英語だと「もっと効率良く勉強できるように…」とか、「テストで良い点取るために…」とか、具体的に言いますもんね。

以上、単語帳や教科書には載っていませんが、とっても便利なフレーズだと思うので、ぜひ繰り返し復習して、生活で使ってみてください。

ちなみに単語/フレーズの覚え方は、

「LINEを単語帳アプリ」にみたてて使う方法がとてもオススメです。

参考記事→『LINEを【単語帳アプリ】として使うと、最高です』

 

 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA