【1年間で75万円】カナダワーホリ留学、僕はだれよりも費用が安かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

Sponsored Link

   
カナダシェアハウス

どうも、カナダ在住、グラフィックデザイナーでバンドマンの新井リオ(@_arairio)です。

僕は2016年3月から、カナダはトロント/モントリオールに渡りました。観光ビザとワーキングホリデービザを駆使して、只今2年目になります。

 

僕は、
「今までカナダに留学をした日本人史上、誰よりも費用が安かった
と、冗談抜きで思っています。

 

ふつう留学するとなると、飛行機代、生活費、学費、ホームステイ・寮の費用を合わせて、1年間で、平均200~300万円はかかります。人によってはもっとかかりますね。

 

今、留学に興味をもってこのページを読んでくれている方も、そのくらいは覚悟しているのではないでしょうか。

Sponsored Link



 

僕の1年間のカナダ留学費用

僕が海外に興味を持ち始めたのは大学1~2年生の頃。

「留学がしたい!」と思い色々と調べましたが、あまりの高額さにその夢を諦めかけました。

でも、

「どーーーうしても海外に長期で住んでみたい!」

この気持ちは収まるところを知らず。どうにか低予算でしっかり英語力を伸ばしながらも、海外に長期で住んで新しい経験を得たい。そして試行錯誤しまくった結果、自分でもびっくりするくらいの低予算で、非常に充実したカナダ生活を送ることに成功しました。

 

僕の1年間でかかった費用は、なんと、

75万円!!!

 

(飛行機、保険、家賃、生活費、スマホ代 全て込み)

もはや、日本の一人暮らしの若者の生活費の半額以下かもしれないです。
本当に全て込みです。飛行機も。

しかも!現地で稼いだ金額は足していません。
それを合わせたら、なんなら数十万円プラスになっています
留学して、黒字になりました。

 

僕はこの費用でちゃんと英語力も上がりましたし、様々な仕事・経験を得ることもできました。これはたくさんのラッキーが重なった結果でもあるので、みんながみんなこの費用でいけるとは限りません。

 

ただ僕がこの記事で提示したいのは、

「留学と言ったらこう、という常識を疑うこと」

そして

「考え方次第でこんな留学方法があるのか!」

と気づいてもらうこと。

「お金がない」という理由だけで、本来叶えたい海外への夢を断念してしまう人を見ると、本当にもどかしい気持ちになります。僕もお金がある家庭ではなかったので、めちゃくちゃ気持ちがわかります。

 

この記事が少しでもみなさんのワーホリ・海外留学のヒントになれば嬉しいです。

 

費用を抑えるコツ

なぜこんなに費用を抑えた留学ができたか。

 

ポイントは一つ。

「”一般的にこう”とされているものを全て疑い、基本的に全部自分でやる。」

これを徹底しました。

僕は留学エージェントを一切通していません。

ホームステイをしていません。

語学学校に通っていません。

 

この留学方法にたどり着くまでに時間もかかりましたが、その集大成をこの記事にまとめるので、これを見たみなさんは是非、僕が考え実行してきたアイデアをどんどん利用しちゃって下さい!

 

費用内訳

僕のカナダ生活1年間の費用 (2016)

航空券:18万円
保険:4万円
家賃:7万円
食費:30万
スマホ代:2万
交通費:2万
オンライン英会話:9万円
カフェ代:5万

合計:75万円

つっこみたいところがたくさんあると思いますが、今から説明していきます。

(ちなみに僕がいた2016年は円高で、$1カナダドル=78円~83円前後と、かなりグッドタイミングでした!2017年4月現在も$1カナダドル=80円前後と安いので、来るなら今。本当に。)

 

航空券:18万円

僕は1年オープンチケットを購入しました。まず観光ビザで入り、6ヶ月後にワーキングホリデービザに切り替えるプランだったので、帰る日程が予測できませんでした。でも観光ビザで入国する場合、「6ヶ月以内にカナダから出国するチケット」がないと入国できません。

 

オープンチケットなら、仮の帰国日で購入して、現地に着いてから無料で帰国日を変更することができます。入国審査用に、帰り(仮)の片道「捨てチケット」を買うという方法もありますが、

「行きチケット」「捨てチケット」「帰りチケット」

と3つも買わなければならず、結局費用がかかるので、帰国日の変更できる「オープンチケット」にしましょう。こちらは実際の明細。(9/15 木 が仮の帰国日です)

時期によって値段の変動はあるかと思いますが、僕は18万400円でした。

航空券のコツ

帰国日変更に対応しているオープンチケットを買う!

 

保険:4万円

一般的な方法で日本にある海外旅行業者に頼んでしまうと、1年で10万〜20万円ほどします。でもこれ、ちょっと高すぎますよね。常識をどんどん疑っていきますよ。

 

僕は カナダ現地の保険会社 Allianz Global Assistance”と契約しました。

すると、なんと1日=$1.66カナダドル(140円ほど)で申し込めちゃいます。しかもこれ、Bridges International Insurance Serviceという代理サイトから日本語で申し込めるのでとても簡単。ただこれだけで終わりではありません。

 

もう一つ裏技があります。

 

裏技:クレカの無料海外保険

それは、

最初の3ヶ月はクレジットカードの海外旅行付帯保険を使うこと!

これは穴場ですね。

なんといっても、入会費も年会費も保険料も無料ですから。

 

何社か比較しましたが、
特に補償内容が良くて僕が契約したのがエポスカードです。


EPOSカード公式サイトより)

 

海外にこのカードを持って行くだけで、“自動で90日間(3ヶ月)” の海外旅行保険がつきます。

現地で病気になっても治療補償が270万まで、モノを盗まれても盗難補償が20万円までついています。……無料で!(どうなっちゃってるんでしょう。)

 

カナダに限らず欧米はバリバリの“カード社会”なので、クレジットカードはどちらにしろ必須です。

 

盗難時の備えとしてもクレカは2~3枚持って行った方がいいので、すでに今他のカードを持っている方も、今のうちに絶対作っておいてください。学生でまだカード持っていない人も、初クレジットカードはこれでいいと思います。学生でも簡単に作れます。審査も通りやすい。

 

入会費、年会費、全てタダだし、3ヶ月無料の保険になるし、クレカとして普通に使えるし、最高すぎる。留学ではなく、普通に海外旅行でも使えるので、「全人類が持っておくべきカード」だと思います。

 

しかもクレカとは思えないほどデザインが豊富でかわいい!

エポスカード

 

いや、本当にデザイナーとして関わらせていただきたいですエポスさん。
そして僕が選んだのはこれ。

 

エポスカード

サッカーコートのデザインにしました。

サッカー大好きで、Youtubeで『バルセロナの”創造神”イニエスタ、天使のパス集!』みたいな動画しょっちゅう見てます。最近は日本人だと久保裕也に頑張ってほしいですね。

はい、それは置いておいて。

これによって、

 

3ヶ月分の保険料(約1万5000円)が浮きます。

(これで美味しいもの食べに行きましょう。)

 

ということで、

1年間の保険料の内訳

3ヶ月のクレカ保険(無料) 残り9ヶ月の現地保険($1.66 × 275日=$456.5

日本円で約4万円  になります。

 

周りの留学生が年10万〜20万の保険料を当たり前のように払う中、

こういった事前知識があるだけで、かなりの節約になります。

(このブログまで辿りついてくれた方、ほんとラッキー!!!)

保険料のコツ

最初の3ヶ月は、エポスカードの海外旅行付帯保険を使う

その後はカナダ現地の保険に入る(1日単位で申し込める!)

 





 

家賃:7万円

“留学するならまずはホームステイから”…

…?

疑っていきますよ。

月10万円(ホームステイの相場)払って、口に合うかどうかわからない料理を食べたり、結局外食して、払った分の食費が無駄になる…なんて余裕、こっちにはないのです!

 

実は住む場所に関して、僕の場合とてもラッキーでした。僕はPENs+というバンドをやっているのですが、留学の前年にカナダ3都市でライブツアーを行い、そこでできたカナダ人の友達やイベント主催者が家に “タダで泊めさせてくれた” おかげで、

家賃は、

夏にシェアハウスに住んでいた2ヶ月間しか払っていません。

しかもそのシェアハウスの家賃は 月$400カナダドル(約3万5千円)

2ヶ月で7万円です。

 

ホームステイではなく”シェアハウス”

僕のような “居候(いそうろう)”

はなかなか真似できるものではない思いますが、

“ホームステイではなくシェアハウスに住む”

なら誰にでもできます。

ホームステイの相場:月8万~10万円

シェアハウスの相場:月4万~5万円

半額ですよ!

1年単位でみたら60万円くらい浮きますね。そして “紹介手数料2万円!”とかいう、エージェントにありがちな出どころ不明な請求もないですからね。

 

しかもホームステイははずれの可能性もあります(ご飯がマズイ・ビジネスでやっているので関わりが全く生まれない・部屋が汚い等)。実際僕の周りでホームステイしていた人は10人中6人くらいがはずれで、みんなステイ先の変更にとても苦労していました。(まじ)

 

シェアハウスの良さ

カナダシェアハウス

一緒に住んでいたルームメイトたち。家の屋上にて。

 

シェアハウスなら自分で足を運んで、ルームメイト、部屋の雰囲気を見てから決めることができます!

おすすめの方法は、

1. まずは知り合いの家 or 現地のホステルに1~2週間泊まる

現地になんの当てもない人は、ホステルを日本で予約してから旅立ちましょう。airbnbでもいいです。そしてその滞在期間に家を探します。

 

2. Craigslistを使ってシェアハウスを探す

Craigslist(クレイグスリスト)は、なんでもあるメルカリと言うとわかりやすいかなと。

カナダではめちゃくちゃ普及していて、シェアハウスは基本的にこれで探します。(またはKijiji。仕組みはほぼ同じ。)現地の人はみんな使っているので掲載も超ーーーたくさんあって、正直選び放題です。すぐに見つかります。

トロント家探し

トロントのシェアルームマップ。数字は部屋の数です。

 

ちなみに家探しは僕の方でサポートもしているのでお気軽にご連絡ください。

シェアハウスの良さは、何と言っても、楽しい!僕は今までカナダ人、フランス人、スウェーデン人、ドイツ人とシェアしましたが、

同年代の現地の友達ができやすい

英語を毎日使ってコミュニケーションが取れる

相手の国の文化を知れる

そして

家具や生活必需品が既に揃っている

門限もなく、気を使う必要がない

ダウンタウンの立地がいい物件も、比較的安い。
(基本的にホームステイは都心部からかなり遠いです!)

と、本当にいいことづくし。

家探しのコツ

ホームステイではなく、最初からシェアハウスに住む

 

食費:30万円

ポイントは、

“自炊”

です。とにかく自炊。

トロントもバンクーバーもモントリオールも、

Tax約12~15% + チップ15%で、外食すると表記の約30%増しです。

ランチ1500円、ディナー2000~3000円とか平気でかかります。

だから基本的に一人で外食はしない。ただ外食が高い割に、野菜・フルーツ・肉すごい安いです!僕はカナダに来てから “料理用インスタアカウント作っちゃうくらい” 料理にハマり、毎日何か作ってました。

カナダ留学

お弁当も作っていました。そうすると1食 $2~3カナダドル(200円前後)で済みます。

朝ごはんとかは軽めなのでもっと安い。あとこれまたラッキーで、僕お酒が全く飲めないのです。よって無駄なお金がかかりません。たまに友達と外食しますが、その分自炊で取り戻す…を繰り返し、

1ヶ月の食費は平均$300カナダドル(約2万5千円)

1年で30万円ほどでした。

④ 食費のコツ

外食は高く材料は安いので、とにかく自炊!外食はたまーに友達と。

 

スマホ代:2万円

もし普通に「電話・キャリアメール・ネット1GB」セットのプランを契約すると、
普通に1ヶ月$50~$60カナダドル(約5000円)します。

が、僕は気づきました。

「もうこの時代、電話とメール、しなくね?」

と。。。

しかもインターネット通信1GBはちょっと少ない。最近は日本国内でさえ電話とメールなんてしないのに、来たばかりの日本人がカナダ人相手に英語で電話かける場面なんてほぼないです。

 

友達とは、LINEまたはFacebookのmessengerで連絡を取ればOK。あと使うのはMapやGoogle、TwitterにInstagram….。ビジネスメールもGmailで充分です。

 

そう、つまり、ネットだけあれば良いんです。

(で、その分安かったらもっと最高!)

 

僕は探しました。
こんな僕に最適のプランがカナダのどこかにあるはずだ….
きっと。。。

 

そして、
探しまくった結果、
ついに、
“最高以外の何物でもないプラン” を見つけました。
それは、

Fidoという会社の、

Data Plans for Tablet

電話とメールができない代わりに

インターネット通信3GB = $15

という破格のプラン!まさに理想!最高です!

これからカナダに来る予定のみなさん、もう本当、僕に感謝してください。。
めちゃくちゃ探しましたから…

カナダ留学, スマホ, 携帯電話

これ、公式サイトにもわかりやすく載せてあるわけではないので、店員さんに直接聞く必要があります。本当はタブレット用らしいのですが、SIMフリースマホさえ持っていれば使えるので、もう言うことなし。僕はSIMフリーのiPhoneを持っていたのでそれに挿して使っていました。

 

カナダはWi-Fi普及率ハンパないので、基本的にはWi-Fiを使い、外出中の調べ物や地図でお店検索、くらいだったら3GBはまず超えません。そして月$15カナダドルなんて、毎月1200円ぽっちですが、最初の契約時にもう少しお金がかかるので、合計して1年で約2万円ほどです。めちゃくちゃ安い。。

 

カナダに来るワーホリ/留学生のみなさんへ、スマホ・携帯契約するならFido一択です。

⑤ スマホ代のコツ

Fidoの ”Data Plans for Tablet” とWi-Fiで乗り切る!月$15!)

 

交通費:2万円

電車・バスは使わない

ポイント…というかもうこれ自体がソリューションですが、
カナダ主要都市での交通手段は全て、自転車” にしましょう。

 

トロントもモントリオールもバンクーバーも、東京に比べたらはるかに小さい!!

面積
東京:2188㎢
トロント:630㎢
モントリオール:365㎢
バンクーバー:115㎢

です。
実際、ダウンタウン内だったら、自転車30~40分くらいでどこでもいけます。健康にもいいです。

 

そして、

トロントに行く予定の方へ

くれぐれも、魔のマンスリーパスとして有名な
TTC Subway Monthly Pass:$146.25
だけは買わないでください。

電車・バスは普通にチケットを買っても片道$3.25です。
これ、月に45回 (約23往復) 以上乗らないと元が取れません。
恐ろしい。。凄まじい程のお得じゃない感
現地のカナダ人も「高すぎる!」とみんな文句を言っています。
だいたい僕、電車乗ったのなんて月に1~2回くらいでした。。
本当に自転車でどこでも行けますよ。

 

自転車は実質タダ

ではこの交通費:2万円は自転車にあてるのか..

と、思いきや。…違います。

自転車は0円です。

誰かからもらう? …違います。

先ほど家探しで使ったCraigslistを使います。

自転車は中古で$30くらいから売っていますが、あえて$100くらいの、なるべく状態が良い自転車を買います。

そして、帰国する直前に同じ値段で売ります。

これで費用、0円です。これ、本当に可能です。

カナダ自転車

僕がMontrealで乗っていた自転車

 

“自転車をCraigslistなどの中古掲示板で売り買いする” という文化が普通にあるので、よほど問題がなければちゃんと買えるし、ちゃんと売れます。なんならこれで儲けている友達とかいました。

なので、この交通費2万円は雪が降って自転車に乗れない時やたまにする遠出用に使ってください。

⑥ 交通費のコツ

電車・バスは使わない自転車でOK!

中古で状態の良い自転車を買って同じ値段で売る

 

オンライン英会話:9万円

語学学校には通わない

最大の”常識覆しポイント”です。

留学なのに、”語学学校には通いません”。

 

カナダの語学学校の学費は、1ヶ月 平均10~15万円。
1年通えば、120万〜150万。
正直、高すぎます。

 

そして、これだけ高い学費を払い、毎日会うのは
“英語がまだあまり話せない日本人や韓国人たち…”
学校に通うこと自体を否定するつもりはありませんが、今の時代、”英語学習” に関して言えば、

質の良い教材や情報・ツールがネット上に溢れています。

バイリンガールのChikaさん、Hapa英会話といった、ハーフや帰国子女の視点から本当にわかりやすく英語を教えてくれる動画やサイトが、

“無料で”

公開されているこの時代に、

“200〜300万円かけて語学留学”

って、ちょっと古くないですか。

 

これからの時代は “オンライン英会話留学”

英語インプットは、わからないことがあればググって、上記サイトのような良質な情報から学べばOK。ではアウトプットはどうしよう。

僕は実際に英語を使う機会を増やしスピーキング力を上げるため、

オンライン英会話を始めよう!と決心しました。

DMM英会話

 

オンライン英会話のメリット

授業料が毎月約5000円~で、1年続けても費用は6万円前後と格安

土日も関係なく “毎日1回 25分” レッスンが受けられる

自分の好きな時間 / 場所で、Skypeでレッスンを受けることができる

すべてマンツーマンなので、自分のやりたいことだけを学べる。

もう、メリットしかないです。
今ではたくさんのオンライン英会話がありますが、中でも、

個人的にはDMM英会話がダントツおすすめです。

一番安くて、一番講師数が多くて、一番教材も多いです。
特にオンライン教材がしっかりしているのが、僕がDMM英会話を好きな理由です。

 

僕はこれをカナダにいながら、1年間続け、

前半5ヶ月は1日3レッスンのコース(月11500円
後半7ヶ月は1日1レッスンのコース(月4950円)

計  9万2150円(1年

でした。(※2017年4月現在、少し値上がりしました。詳しくはこちら

 

語学学校1年間の平均費用は120万〜150万。

これをオンライン英会話に変えれば、なにをどう間違えたって、100万円以上浮いちゃいます。
しかも、オンライン英会話で、充ーー分、英語力伸びます。

なんなら外国人の先生たちと毎日英語を話しているので、日本人同士で会話を練習する語学学校に通うよりスピーキング力は伸びたのではないかと思います。

無料体験も2回できますし、一度やってみると楽しいと思います。

(期間ごとにキャンペーンもあるので、チェックしてみてください。)

 

ちなみに英語勉強法の詳細は、この記事にみっちり書いてあります。

『独学3年間の努力と道のり。日本で英語が話せるようになった僕の勉強法』
(この記事、「英語 独学」でググると、トップページの1番上に出てくるくらい超読まれています。)

英語力アップのコツ

語学学校に通うのではなくオンライン英会話で英語力を伸ばす!
(1年で100万円くらい浮く!)

■ホームページ↓

DMM英会話ホームページ

 

カフェ代:5万円

留学費用にカフェ代5万を挟んでくる留学体験記が今までにあったでしょうか。
「常識を疑って新しいことをする」が僕の人生テーマなので、どんどんいきます。

 

先ほど述べたように、カナダにきた当初なんて特にオンライン英会話ばっかりやっていました。さらに僕はフリーランスのグラフィックデザイナーなので、毎日一人、家だけで作業や勉強をしているとちょっぴり気が狂ってきます。せっかくカナダに来たし。

 

そこで、モチベーションを保つためにも
語学学校に行かない代わりに浮いた100万円で、惜しみなくカフェに行こう!
と思い立ちました。

そして来る日も来る日もカフェを開拓し、僕のGoogle Mapはこんな状態に…

カナダワーホリカフェ

(星マークはほぼカフェか図書館。たまに安いレストラン)

どのカフェも図書館も“Wi-Fi完備” なので、オンライン英会話のレッスンもデザインの仕事もやり放題。

コーヒーも一杯$2~3カナダドル(200円前後)と本当に安いので、
月20回カフェに行っても約4000円。
1年間続けても合計で約5万円という感じでした。

モチベーションを高めるコツ

学校に通わない分100万円浮いているんだ!と強気になって、惜しみなくカフェに行く

 

まとめ

費用を抑えるコツまとめ

航空券オープンチケットを買い、

保険クレジットカードの付帯保険現地の保険でカバー。

はホームステイではなく最初からシェアハウスに住み、

食費自炊で浮かせる。

スマホはFidoの “Data Plans for Tablet”月$15、

交通費自転車移動で浮かせ、

英語力オンライン英会話で伸ばし、

⑧ 勉強のモチベーションカフェで高める!

いかがでしたでしょうか。もちろんぴったり75万円で過ごしたわけではなく、多少の誤差はあります。実際に住んでみると、”出費が毎月全く同じ金額” ということはあり得ないので。

 

僕は夏に一度オンタリオ州の田舎の農家にて住み込みのファームステイを経験して、その1ヶ月は食費も家賃もかからなかったので出費は本当にほぼゼロでした。

 

逆に、仕事でモントリオールとトロントを行き来していたので夜行バス代がかさんだ月もありますが、総じて金額はこのくらいでしたし、

何よりもこの記事で伝えたかったのは、
本当に留学したいという気持ちを強く持って行動すれば、

アイデア次第で充実した海外生活を送るチャンスは誰にでもある”

ということ。

これは海外生活だけではなく、日本での生活でも同じことが言えると思います。

 

「お金がない」のは仕方ないです。生まれた境遇は人それぞれ違うので。
受け入れるしかありません。

でも、「お金がないからできない」は甘えだと思います。

僕は奨学金とバイト代でなんとか留学費用を捻出しました。
そして海外にいても稼げるよう、大学に入ってから独学でデザインというスキルを身につけました。

もとから持っていたスキルではありません。

 

「これが好きだ!どうしてもやりたい!」という気持ちを本当に強く心に抱いて行動に移せば叶えられないことなどないのではないか、と思います。

 

おわりに

この記事中で書いたアイデアが何か一つでもみんなの「留学やワーホリをする際のヒント」になれば嬉しいです。

最初はお金もなかったし、現地で苦労したことも多かったですが、
そんな状況でも僕は、

「留学・ワーホリで海外生活を経験して本当に良かった」

カナダという異国の地で、人生においても忘れられない、かけがえのない毎日を今も過ごしています。

海外生活は本当に夢があります。

この気持ちを少しでも多くの人に共感してもらい、新たな夢へと繋げていってほしいです。

 

なんでも相談してください

僕の方法はエージェントに頼まない留学ということで不安な点が出てくるかもしれませんが、

僕にできることがあればなんでもサポートします。

【質問例】

1年間の留学でどのくらい英語が話せるようになる?
費用は大体いくらで、どのように持って行けばいい?
現地で仕事はどうやってゲットするの?
着いたらまずどうすればいい?
シェアハウスを見つけるコツは?
ワーホリビザの仕組みがよくわからない!
銀行口座はどうすればいい?
携帯電話の契約はどうすればいい?

and more…

カナダ現地からSkypeでご相談を受け付けているので、お気軽にどうぞ。

→カナダ留学・ワーホリ相談はこちらから

 

無料の海外保険(3ヶ月)付きのクレジットカード

EPOS(エポス)カードのお申し込みは無料なので、留学生は必須です。
僕は普通にクレカとして現地で使っています。実は、換金する手数料を踏まえると、現地の買い物もクレカでそのまま使った方が安いです!

また留学時、盗難に備えてクレカは複数枚、絶対に必要。

入会費も年会費も保険料もすべて無料なので、登録すると最高です。





この記事を書いた人

新井リオ (@_arairio)

カナダ在住のグラフィックデザイナー / バンドマン / ライター

■デザイン
グッズデザインを得意とし、これまでにTOWER RECORDS、ヴィレッジヴァンガードとのコラボグッズを製作。また、自身のデザイングッズブランドPENs+ SHOPを運営し、通販をメインに、日本とカナダのアパレルストア(現在取り扱い9店舗)にて販売中。

バンド
PENs+でVo/Gtを担当。
これまでに、3枚のCDと1枚のレコードをリリース。
2015年にカナダ、2017年にアメリカの計6都市でライブツアーを敢行。

■ライター
現在、DMM英会話ブログにて連載記事「大学生デザイナーバンドマンが海外で仕事をするまでの3年間の話」を執筆中。

 

僕の1番オススメの英語勉強法

たくさんの勉強法を試しましたが、1番やりやすくて効果があったのがDMM英会話です。僕も初心者の状態でスタートしましたが、これだけでかなり英語が話せるようになりました。

無料レッスンが2回できるので、一度やってみて、続けるかどうか決めていただけたら。ただ、もし本当に英語が話せるようになりたいなら絶対にやった方がいいです。

僕もカナダに住みながらいまだに毎日やっています。もうとにかくおすすめ。
毎日できて、毎月5500円です。飲み会1回減らして、DMMやった方がいい!

英会話

 

Sponsored Link



ブログの感想

ブログの感想は、Twitterで引用ツイートしていただけると嬉しいです。ご返信とフォローをさせて頂きます。

個人的に送りたい方はLINE@でメッセージを下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

  1. コイワ より:

    新井さんこんにちは(^◇^)
    ちょうど1カ月前ぐらいにOaklandのライブにお邪魔させて頂いた者です。
    ひっそりと毎回ブログ楽しみにしています!
    6月に帰国するのですが、また海外行きたいな〜と、新井さんのブログを見て次はカナダに行こう!と思いました
    それで1カ月ぐらいファームステイをしようと考えていますが、新井さんはWWOOFを通してでしょうか?それとも知り合いの紹介でしょうか?教えて頂けましたらとても嬉しいです。。

コメントを残す

*

CAPTCHA