「留学するべき人」と「留学する意味がない人」の違い

   

Sponsored Link

       
カナダ留学

カナダ在住、グラフィックデザイナーでバンドマンの新井リオです。

「英語が話せるようになりたい」人の数、めちゃくちゃ増えてませんか?

もう、「友達誰か一人は留学している」レベルで、周りもみんな留学していますよね。

でも、みんな「なんで留学したい」のでしょうか。

留学する理由が、「留学したいから」になっている人が多いと感じます。

でも正直ちょっとこれは危ないなと思います。

今日は、自分の経験も踏まえて「留学の本意」について話していきます。

日本の全大学生、また海外に興味のある方に読んでほしいです。

 

「留学しないほうがいい人」「留学したほうがいい人」

危ないとか言いましたが、僕は“留学大賛成派”です。

ただ、とりあえずなんでもかんでも留学したほうが良いとは思いません。

それは、「留学しないほうがいい人」「留学したほうがいい人」がいるから。

留学しないほうがいい人

留学したら英語が話せるようになると思っている人

面倒臭いことが嫌いな人

漠然と、いつか、何かに役立ちそうだと思っている人

留学したほうがいい人

英語以外に「好きなこと」や「やりたいこと」があり、それを海外でやってみたい人

なんでも自分でやるのが好きな人

言語として英語が好き。とにかく海外が好きな人

です。

両者を戦わせてみましょう。

では第一回戦、いってみます。

 

第1回戦
留学したら英語が話せるようになると思っている人”
VS
“英語以外に「好きなこと」や「やりたいこと」があり、それを海外でやってみたい人”

早速ですが、正直、

1年間の留学レベルで英語がペラペラにはなりません。

(もちろん “英語力ゼロから始めた場合”、です。)

僕ら、何年かけて日本語を学んできたでしょうか。

母国語はまた違うとはいえ、

もう大人になった僕たちが「現地に住んでいるだけで自然と英語が話せるようになってしまう」ということは起こり得ません。

 

キーワードは “自分でやる”こと

英語が話せるようになるには、まず、質の良いインプットにより自分がスラっと言える英語の数を増やす必要があります。

でもそのインプットって実は、

自分で調べて、
自分で覚えて、
自分で応用して、

と、自分でやることであって、

誰かから教わって自然と身につくスキルではないです。

そのため、留学という“環境”に甘えてしまうと、伸びしろはないと思います。

逆に言うと、実は日本にいながら自分でやる勉強で、かなりのレベルまで英語力を上げることができます。

本当に英語が話せるようになる人は、留学する前から自分で勉強しています。

——————–

日本でできる詳しい勉強法はこちらの記事「独学3年間の努力と道のり。日本で英語が話せるようになった僕の勉強法」にみっちりと書いています。

 

英語以外にやってみたいこと

これは意外かもしれませんが、僕の意見として。

留学するなら、
「英語が話せるようになる」という目標以外に、

「海外でやってみたい英語以外のこと」があるべきだと思います。

なぜなら、あくまで英語はコミュニケーションのツールだから。
これはカナダにきてから強く実感しました。

別に、英語の研究者になるわけじゃないですよね?

じゃあなんで勉強しているんですか?

「なんとなく話せたらかっこよさそう」くらいの気持ちで、1日5時間、1年間毎日勉強できますか?

そのままだと多分、モチベーションが続かず「なんとなーく外人とコミュニケーションが取れる人」で終わってしまいます。

しかし「好きなこと・やりたいことを成し遂げるために英語を使う」という状況であれば、

自分の好きなことと絡んでいるのでモチベーションが続く

使えるようになっていく過程”に楽しさを見出せるので英語が伸びやすい

その分野で外国人との繋がりも作りやすい

と、良いことだらけ。

 

海外でしかできないこと

「好きなこと・やりたいことはあるけど、それを海外とどう結びつけていいかわからない」という方。

特定の分野の勉強がしたいなら、現地の大学やカレッジに通い、そこでしか学べない知識をつける

音楽が好きなら、ライブに頻繁に行って、現地の友達を毎週1人作る。気が合えばバンドを組んじゃう

スポーツが好きなら、現地のコミュニティがやっているチームに参加し、大会に出る

食べ物が好きなら、日本人向けに現地のレストランの食べログを作って発信してみる

アートが好きなら、現地の美術館/博物館をめぐって、日本人観光客向けのWebサイトを作る

とか…どうです?

「海外に行く→英語の勉強だけする→帰国」より、単純にワクワクしません?

“海外に来た意味” がありますよね。

 

これだけ明確な趣味があれば、友達もすぐできますよ。

 

この前トロントのLanguage Exchange(日本語と英語をお互いに教えあう会)で知り合ったPeterという男性が、

『英語が上手いとかより、普通に趣味が合って性格が良い日本人と友達になりたい』

と言っていて、僕が逆の立場だったとしてもそうだなと思いました。

第1回戦結果

英語がうまくなることだけが目的なら、日本でもっとできることがある。

せっかく行くなら、「英語以外の趣味や好きなことを、英語を通して海外で実践する」べき。

それが結果的に英語の伸び現地での友達作りにも役立つ。

 

第2回戦
面倒臭いことが嫌いな人
VS
なんでも自分でやるのが好きな人

留学、めちゃくちゃ面倒臭いですよ!

言葉もままならないのに、

家を探す

携帯を契約する

銀行口座を作る

という、日本でも結構迷うやつを早急にやらなければいけないし、

レストランでメニューを選ぶ

髪を切る

という日本で当たり前にやっていることが、普通にまあまあムズイことに早変わりします。

初めて外国で髪を切ったとき。お金がない&どんなものか気になったので、$8のところで切ってみた。失敗した。

さらにワーホリビザで仕事をするなら、

バイトの面接

研修〜働けるようになるまで

全て英語ですからね。自分がやってるの、想像つきますか。

まあ正直、今は現地に日本人経営のレストラン、美容院、会社、サポートエージェントなどありますが、こういった全部日本語でできちゃう選択肢だけを選び続けて、果たして莫大なお金と時間をかけて海外に来た意味はあるのか…

 

自分で決めたライフスタイルを生きる

でも、

逆に、

逆にですよ。

“なんでも自分でやるのが好きな人” からしたら、

どこに住むか決め、

家を探し、

仕事を選び…

自分のライフスタイルを好きなようにカスタマイズできる!

しかも、海外で!!

これは本当に夢がありますよね。

海外のシェアハウスで異国文化に触れ合いながらルームメイトと語り明かし、朝は現地で買った豆でコーヒーを淹れ、日中は英語の勉強に明け暮れ、次第に仕事もするようになり、休みの日には友達とカフェに行き、バーに行き、ライブに行き、、、(※理想には個人差があります)

とにかく、自分で選んで良いんですよ。

正直、これは面倒臭がり屋さんにもぜひ経験してほしいですね。

もう、強くなりますよ。メンタルが。てか全てが。

だって、“一人で海外で生活” するんですよ?

もうね、帰国した時、自分が最強になった感覚になる。

これ留学あるあるだと思う。

言葉の問題を抱えながらもなんとか生活してきた留学期間を思い出すと、

言葉が通じちゃってしょうがない日本なんて、もう何でもできちゃうんじゃないかと思います。

第2回戦結果

留学はめちゃくちゃ手間がかかる

でも、自分でカスタマイズした理想の海外生活自分で選んで実行するこの感覚は、自分を成長させるとても貴重な経験になる。

 

 

第3回戦
漠然と、いつか、何かに役立ちそうだと思っている人
VS
言語として英語が好き。とにかく海外が好きな人

漠然と、英語ができていればいつか何かに役立ちそうだな、と思いますよね。

大学生は特に「就活で言える!」と思うかもしれませんが、

(就活を経験していない僕が言うのもアレですが、)
“とりあえず1年間語学留学”したところで就活には有利にならないですよ。

自分が留学したメリットをきちんと伝えられないと、休学して留学する人なんかはむしろマイナスになると聞きました。

実際現地で現状を見ていて、そうだと思います。

なぜなら、

1年間の語学留学だけでは、ビジネスでバリバリ使えるほどの英語をマスターするのは難しい
(前後にめちゃくちゃ勉強していたら別)

TOEICを伸ばすだけなら日本でできる

今の時代、誰でもできてしまう“ただの語学留学”では差別化できない

から。

そのため、ここでも、先ほど例に挙げたような「好きなこと・やりたいことを結びつけた留学」ができると、差別化できますよ。

「留学では英語の勉強と現地でのアルバイト経験を…」(フツウ)

食文化が好きなので、現地のレストランの中で日本人の口にあうものを特集し、記事にまとめWebサイトを自ら作り日本人観光客向けに発信していました」(こいつはデキル)

てな感じです。こっちの方が楽しいし有益だし、良いことだらけですよ。

 

単純に英語が好き。海外が好き。

そしてもう一点。

漠然と、
「英語ができたらいつか何かに使えるな」

くらいの気持ちではモチベーションが続かず、なかなか英語習得には結びつきません。

だからこそ、“将来役立つ” とか抜きにして

“単純に言語として英語が好き、海外が大好き。ずっと海外生活に憧れている”

という方はとても留学に向いていると思います。

僕は語学として英語が好きすぎて、勉強中、似たような意味の英単語の違いを明確に理解できた瞬間とか、普通に興奮します。

あと海外がめちゃくちゃ好きです。この2~3年間で、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、チェコ、フィリピンを、バックパッカーしました。

だから僕にとって、海外に1年も住むなんて、夢のまた夢でした。

実際住んでみて、

朝起きたら“毎日海外”という状況の多幸感

日本ではあれだけ英語が使える機会を探し求めていたのに、今は街に出れば全部英語だから使い放題

という無敵状態。

夏に住んでいたシェアハウスのバルコニー。ハシゴで屋上にも行ける。ここでよく朝ご飯を食べた。

 

英語、海外そものもにハマり、没頭できたからこそ、今海外でデザイナーとして仕事をしている自分の姿があると思います。

第3回戦結果

留学の目的が漠然としすぎていると、語学習得になかなか結びつかない。

逆に、単純に英語や海外自体が好きな人にとっては、毎日が充実。

 

まとめ

以上になります。

誤解しないでほしいのは、僕の意見として、

“留学は人生を変えるようなかけがえのない経験になるので、可能な限り多くの日本の若者に経験してほしい”

ということ。

僕は確実に人生が変わりました。

ただ、

“漠然とした、受動的な留学はしてほしくない”

お金がかかります。時間もかかります。

自分で全て責任を取るならまだいいですが、多くの学生の場合、

その留学費用を払うのは親御さんですよね。

英語や海外にそこまで強い思い入れはないけど、

今まわりみんな留学してるし、自分もした方がいいのかな」

程度の気持ちだったら、日本でできるもっとあなたにあった有益なことがいくらでもあるので、そちらを優先させましょう。本当に。

人生において「留学しなかった」ことに劣等感感じる必要は全くないですから。

そのまま日本で良い企業に就職しちゃった方がいいですよ、むしろ。

だって、すごい大変だから!留学も、英語習得も。

その代わり、もう一度言いますが、

英語が大好き、どうしても一度は海外生活を経験してみたいという方は、是非留学してください。

かけがえのない経験、出会いがあるはずです。

「人生が変わる」といったら言葉は軽いですが、「留学経験で培った価値観・出会い・経験は、今後の自分の人生において、最高のスパイスになる」と思います。

何か一つ物事を考えるときに、今までとは全く違う視点から見ることができるようになったり。

それってつまり「その人にしかできないスキル」なので、人としての価値が磨かれるのではないでしょうか。

 

最後に

あんまり、周りとか気にしないでいいですよ。

「周りがやっているから」…

「あの人に◯◯って言われそうだから」…とか。

いわゆる“一般的”な意見と照らし合わせて、自分のやりたいことにあーだこーだ言ってくる人もいますが、“一般的”な道を選ぶのってそんなに偉いのでしょうか。

むしろ信念を持って、“普通”から外れる勇気のある人の方が全然凄いと思いますよ。

最終的に、そういう人の方が評価されるし。

この記事、はたまた僕の生き方が、これを読んでくれた方の、何か新しいことを始めるきっかけに貢献できたら嬉しいです。

 

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

 

 

僕の英語勉強法

2015年、日本でオンライン英会話にハマり、
翌年2016年からはカナダでデザイナーとして仕事を始めました。

オンラインだけで英語を習得した、僕の数年間のストーリーを。

独学3年間の努力と道のり。日本で英語が話せるようになった僕の勉強法

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


CAPTCHA